ホッチキス

書類を針で綴じる「ホッチキス」は皆さんご存知ですよね。この「ホッチキス」という名前は実は人名ということを知っている人はそんなにいないと思います。19世紀後半に、アメリカのベンジャミン・B・ホッチキスが機関銃の弾丸送出機構をヒントにホッチキスの針送り機構を考案した、という説があり、真相は不明ですが人名であることは確かなようです。日本では昭和10年頃、向野事務機製作所が2号・3号・9号の針を使用したホッチキスを製造したとされています。その製造技術を引き継いだ山田興業(現マックス)が昭和21年に3号ホッチキスの生産を開始し、中型ホッチキスから小型ホッチキスまで製造し、ホッチキストップメーカーとして成長してきました。この「ホッチキス」は英語圏や国産の他社では「ステープラ」と呼ばれています。f0211218_13365251.jpg
マックスから新発売されている、ミディアムミニ・フラットホッチキス「Midiflat」はコンパクト設計で75gと軽く、小さなボディながら10号針を100本(No.10-1M2連)を装てん可能。また、綴じ裏が平に打ち曲げられ、重ねた書類をスッキリさせるフラットクリンチ機能を採用した、  

「小さな優れもの」
 
です。価格はお求めやすい300円(本体価格)。色はブルー・レッド・オレンジ・ライトグリーン・ホワイトの5色から選べます。是非お試し下さい。

[PR]
# by kannamijohhou | 2010-03-04 13:52 | Comments(0)

3月スタート

いよいよ春がやってきました。3月の文具情報を更新しました。今回は、文具品ではありませんが、アイデア商品です。リアライズ社から発売されています、「シンブンクリップ」を取り上げています。
f0211218_14121786.jpg

新聞を繰り返し読んでいるうちにクシャクシャになった経験は皆さんあるでしょうね。
そんな時に、このクリップをご使用下さい。きっとイライラが解消されることと思います。
電車の中で新聞を読むときも、このクリップに挟んで読むと、快適になります。ただ、軽い商品なので、新聞を処分する時に一緒に捨てないようご注意下さい。
さて、先週の金曜日に尼崎商工会議所にて開催された{会員講演会」に参加してきました。講師は北京五輪男子400mリレー銅メダリストの朝原宣治氏でテーマは「あきらめなければ夢は叶う ~陸上人生20年の軌跡」でした。学生時代から「和製カール・ルイス」と日本の注目を浴びた朝原さんが、海外でのトレーニングで鍛えあげ、また怪我を克服して世界の舞台に返り咲くまでの話を聞くことができました。高いところに目標を置き、あきらめない精神は、ビジネスの世界でも必要であることを感じました。

[PR]
# by kannamijohhou | 2010-03-02 14:31 | Comments(0)

肉離れしました

今週火曜日の仕事中に、荷物を運んで階段を降りたところ、「バキッ!」と音がしたので何か踏んだのかな?と振り返ったけれども何も見当たらない。その直後に左足に激痛が走り、痛い・・・・ となり近くの整形外科へ直行。診断結果は、左ふくらはぎの内側腓腹筋の筋断裂とのことでした。いわゆる肉離れで、腓腹筋が切れていました。全治2週間、その後リハビリとなりそうです。すぐに氷で冷やし、この日は一日中安静にして、ひたすらアイシングとなり、火曜日と水曜日は自力では歩けずに、松葉杖のお世話になりました。しかし、手当てが早かったのが功を奏したようで、今日はかなり回復し、自力で歩きまわれるようになりました。医者も「もの凄い回復力」と驚いていましした。しかし、油断は禁物です。暫くは静養して疲れ切った身体を休めて、またスカッと復活したいと思っています。「走り続ける文具屋さん」が「休み続ける文具屋さん」にならないようにしたいものです。そんなわけで、28日に出場予定の「そうじゃ吉備路マラソン」と7日の「ABC篠山マラソン」は欠場となりました。3月下旬には復帰の予定です。また、どこかで見かけたら是非声を掛けて下さい。
[PR]
# by kannamijohhou | 2010-02-25 19:12 | Comments(0)

今日FMあまがさきの番組にゲスト出演しました。午前11時から55分の「aiaiモーニングアベニュー」というパーソナリティの乃衣子さんと金井京子先生との生番組の中でのゲスト出演で、「走り続ける文具屋」の紹介をしてもらいました。10時半に総合文化センターの喫茶店で簡単な打合せを行い、「まあ気楽に喋って下さい」と金井先生。11時に番組が開始。オープニングトーク、曲紹介、交通情報、ニュース、天気予報と秒単位でのディレクターの合図で番組は進行し、この緊張感はきびきびとして新鮮に感じました。20分過ぎからいよいよゲストの出番となり、マイクの前にスタンバイ。ラジオ番組初出演だったので、多少は緊張しましたが、パーソナリティの方との雑談形式なので割りと気楽に喋ることができました。5~6分の短いトークでしたが、「走り続ける文具屋」をPRすることができたと思っています。ランチェスターの法則によると、その地域に於いての存在感が出るのは、地域全域の7%ということになります。尼崎市内の企業、市民の7%に知ってもらえることが、今の目標です。商工会議所の会合や勉強会に出席、チラシ配布、そして今回のようなラジオ出演などで尼崎市の皆様にまずは知ってもうえるようにがんばります。
[PR]
# by kannamijohhou | 2010-02-22 18:58 | Comments(0)

昨日、大阪OMMビルで開催された文具卸商社の「春の見本市」に行ってきました。文具メーカーが約160社出展していて、関西各地からの文具販売店で夕方はごった返していました。見本市に行っていつも感じるのですが、新商品を取り揃え、新企画で売り込むメーカーもあれば、毎回同様の商品で定番商品に胡坐をかいているようなメーカーも多々あり様々です。メーカーの営業マンが自社製品を満足に売り込むことができないのは、あまりにも寂しいことです。街の高級文具店のようなきれいな陳列で、ファイルや筆記具を並べるだけではなく、ファイルなら実際に書類を綴じてこんな提案書が作れます、とかこのクリップはこんな使用方法ですが、こんなことにも使えます等のノウハウが欲しいものです。文具にこだわりを持ち、いろんなアイデア文具を買い求めている方もたくさんおられます。そんな方が、自分の追い求めていた文具に出会った時の、嬉しそうな顔を見たことがありますか?それは何ともいえない喜びの笑顔です。私達小売店は、単に文具を「売る」だけではなく、お客様の笑顔を想像し、満足を提供していきたいと常々思っています。パソコンの画面をクリックして注文し、宅配便で届くシステムの通販には、このような顧客の笑顔を見ることはできないものです。製造メーカーが素晴らしい商品を世に送り出しながら、満足にユーザーに宣伝できていない優れもの商品もたくさんありますが、お客様の笑顔を求めて「走り続ける文具屋さん」は文具情報を与え続けます。
[PR]
# by kannamijohhou | 2010-02-19 14:24 | Comments(0)

官浪の情報あれこれ