カテゴリ:未分類( 644 )

4月21日(土) ホテル「ホップイン」アミングに於いて
「第22回 官浪の文具塾」を開催します。
今回は、追手門学院大学から准教授と学生5名が参加されます。
にぎやかな文具塾になりそうで、楽しみです。

今回は、文具業界歴40年を迎えた「走り続ける文具屋」である
私の、50分間文具学講座を行います。

冒頭に、文房具についての雑学を述べさせてもらい、
筆記具の復習と鉛筆の歴史、鉛筆にまつわる様々な話題を取り上げます。
f0211218_17013254.jpg
そして、消しゴムの歴史を鉛筆と絡めてお話しし、
消字率の話、可塑剤の話・・・・などです。
f0211218_17013904.jpg
その後、クリップの話題 これはダブルクリップ、ゼムクリップ・・・・
はさみの話 プラスから発売のフィットカットカーブはさみの「ベルヌーイ刃」って何?
最後は、A4用紙の謎に迫ります。
ご期待ください。



[PR]
by kannamijohhou | 2018-04-18 17:05 | Comments(0)

4月1日(日) 武庫川河川敷尼崎コースに於いて
「第1回走健杯 小学生マラソンおよび親子リレーマラソン」が
走健塾の主催にて開催され、NPO法人武庫川スポーツクラブが
後援団体として運営に協力させて頂きました。
主催者の板倉具視さんは、順天堂大学時代に箱根駅伝で優勝されたメンバーです。
自分が培ったランニングノウハウを将来を背負う小学生に伝えるという目的で、
この小学生マラソンを企画されました。
f0211218_09365649.jpg
参加者は小学生を中心とする約100名で、
1年生から6年生までの男女別に順次スタートし、
健脚を競いました。
1、2年生は1.5Kmで、3,4年生は2Km、5、6年生は3Kmのランニングです。
5、6年生になるとさすがに速く白熱したレース展開が繰り広げられました。
f0211218_09402038.jpg
大会のゲストとして、アテネオリンピック女子マラソン日本代表の坂本直子さんが
来られ、スターターを務めていただきました。
さすがに人気もので、小学生、保護者と記念写真を撮る場面が多く見られました。
f0211218_09403458.jpg
それともう一人のゲストとして、北京オリンピック5000m、10000mの日本代表である
竹澤健介さんも駆けつけていただきました。
坂本直子さんは県立西宮高校時代、そして竹澤健介さんは報徳学園時代によくこの武庫川河川敷で
練習していたこともあり、懐かしい思い出を語っておられました。
f0211218_09453165.jpg
レース後は、坂本直子さんとの2ショットを撮らせてもらいました。感激!
午後からは親子リレーマラソンが行われ、子供が1Km、そして保護者が2Km走り
最後は親子手をつないでゴールするというアットホームなリレーマラソンでした。
今回は第1回大会ということもあり、まだまだ広報が行き届かなく、参加者も
少なかったですが、来年はもっと多くの小学生に参加してもらえるようにしたいですね。
参加された小学生、保護者の方々、ありがとうございました。
f0211218_09493461.jpg
満開の桜をバックに主催者、協力ボランティアとの記念写真です。

[PR]
by kannamijohhou | 2018-04-03 09:52 | Comments(0)

昨日(25日) 岡山県総社市で開催された「第10回そうじゃ吉備路マラソン」に
参加しました。今回が10回目となるこの大会ですが、
ほぼ毎年参加していて、前身の「吉備路マラソン」と含めると
15回目くらいの参加となります。

吉備路に春を告げる「そうじゃ吉備路マラソン」
コース途中には、備中国分寺五重塔や造山古墳、雪州の生誕地等
歴史を感じながら、田園風景を存分に楽しめるお気に入り大会です。

昨日は、例年よりも気温が低く、柔らかな春の日差しがあるものの
後半ペースが落ちた頃には、寒いと感じるレースでした。
f0211218_08540191.jpg
そんな中、肉離れの後遺症ともいえる右ふくらはぎに、何度も痙攣が走り、
苦しみながらではありましたが、
何とか無事に完走することができました。
フルマラソン通算268回目の完走となりました。
この冬のシーズンは一応これで終わり、
春は駅伝や短い距離のマラソンを楽しみたいと思います。





[PR]
by kannamijohhou | 2018-02-26 08:57 | Comments(0)

追手門学院大学を卒業して各分野で活躍されている
「追手門学院大学の人間国宝」にスポットライトを当て、
その輪を広げひとりひとりをつなぐ交遊誌『LinkA』。
この『LinkA』に掲載された方々が集う会が、
22日にKKRホテル大阪にて開催されました。

f0211218_18321592.jpg
私も創刊0号にて「走り続ける文具屋さん」として
掲載されましたことで、出席しました。
ユニークなメンバー10名による自己紹介などで
楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
出席者の中には、本学で唯一弁護士になられた手塚さん(心理学部第24期生)、
現代川柳研究会会員の小林さん(経済学部第11期生)、
堂島麦酒醸造所の橋本社長(経済学部4期生)などの素晴らしい方々が。
そして、 大阪を代表する通天閣観光の西上社長(経済学部5期生) 写真(下)
ともお話しでき、楽しかったです。
f0211218_18322306.jpg


[PR]
by kannamijohhou | 2018-02-24 18:41 | Comments(0)

22回目を迎える「第22回官浪の文具塾」を4月21日(土)に開催します。
只今、文具メーカーと交渉中なのですが、
今回は「筆記具」について皆さんと一緒に学びたいと思います。
詳細が決まり次第、連絡させていただきます。
f0211218_13251108.jpg
 日時 平成30年4月21日(土)
午後6時~9時

 場所 ホテル「ホップイン」アミング
      JR尼崎北出口すぐ

 会費 5,000円 (食事代、フリードリンク代込み)
なお、文具塾のみの参加は無料です。

 定員 20名 定員になり次第、締め切らせていただきます。

 締切 4月14日(土)



[PR]
by kannamijohhou | 2018-02-22 13:28 | Comments(0)

2月17日(土) 尼崎市の都ホテルニューアルカイックに於いて、
2017年度 追手門学院大学校友会兵庫支部の
支部総会・講演会・懇親会を開催しました。
f0211218_17563526.jpg
兵庫支部は、昨年3月20日に設立し今回が2度目の総会を迎える支部です。
支部の会員は約8000人もおられます。
そして、兵庫県は広いために、一堂に集まることも難しく、
神戸、阪神、播磨、丹波、淡路といった地区に分けて
各地区での活動を行い、各地区持ち回りで総会をする、という
ことになっています。
今年は兵庫県の一番東にあたる尼崎での開催となりました。
f0211218_17564888.jpg
会の開催にあたり、支部長である私の挨拶から始まり、
校友会の林田隆行会長から挨拶と続き、その後総会の議事に入りました。
総会はすべての議事が承認可決され、20分間で無事に終了しました。

第2部では、地域創造学部の田中正人准教授による講演会で、
「デザインで世界は変われるか」をテーマに40分間にわたってお話いただきました。
田中准教授は、災害復興の研究者として有名です。
この講演会では、災害復興におけるデザインの可能性について考える、素晴らしい講演でした。
この世に存在するあらゆるものは、すべて誰かのデザインによって作られています。
デザインによって人間の心理は大きく動くものであること、そしてデザインの視点は
仮説住宅の配置においても取り入れられていること、など実践と理論からアプローチいただいた。
大変参考になる講演で、もう一度じっくりと聴きたい内容でした。
f0211218_17570290.jpg
そして、第3部では懇親会となり、学院関係の来賓の方々、校友会関係の方々、そして
兵庫支部のメンバーの方々の交流を図る有意義な懇親会となりました。
懇親会では、私の開会挨拶に続き、追手門学院理事長であり大学学長の川原俊明さまの挨拶。
そして校友会の永井副会長による乾杯の発声と続き、歓談となりました。
f0211218_17571204.jpg
しばらくの歓談後、ゲストとしてお招きした津軽三味線世界チャンピオンである
佐山千尋さんによる津軽三味線演奏を披露いただきました。
佐山千尋さんは、本大学の卒業生(第47期生)であり、地元尼崎の出身です。
迫力満点の津軽三味線で、会場は大いに盛り上がりました。
f0211218_17572022.jpg
そして、出席者の紹介となり、学院関係の方や校友会関係の方は私からの紹介とし、
兵庫支部のメンバーは一人ひとり壇上に上がっていただいての自己紹介としました。
この懇親会を通じて知り合いになった方々や、意外なところで繋がっていた、という
話も耳に入りました。
今後、兵庫支部のメンバーがどんどんと交流を図ってもらい、
卒業生が繋がっていくことを期待しています。
ご出席いただいた方々、ありかとうございました。
来年は、姫路にて開催を予定しています。また、お会いしましょう!!
f0211218_17572840.jpg



[PR]
by kannamijohhou | 2018-02-21 18:25 | Comments(0)

2月11日(日) 「第4回 世界遺産姫路城マラソン」が開催され、
出場しました。第2回大会に続き、2回目の参加です。

今年の1月に「お独りマラニック」を行っていた時に、右の脹脛に
激痛が走り肉離れの状態となり、足を引きづりながら帰宅しました。
その状態が続き、2Kmほど走ると脹脛に激痛が走ることが繰り返されました。
そんな状態でのマラソン参加は不可能と判断し、この姫路城マラソンも
参加断念を決め込んでいましたが、やっぱり抽選に当たったから、
どうしても「走りたい」と思うようになり、
ストレッチボートを使い、入念にふくらはぎを鍛え、当日に備えました。

当日、姫路駅から会場に行くまで徒歩15分程度ですが、
その15分歩くだけで、ふくらはぎがピクピクとします。
これは無理かなぁ、と思いつつもスタートラインに並び、
ほぼ最後尾のDブロックからのスタートとなりました。
最後尾近かったので、そんなに追い抜かれることもなく、
8分/Kmの超スローペースをキープしつつ、
激痛が走った段階でリタイア、と恐々進みました。

10Km通過し、15Kmの何とか通過・・・・
あれよあれよという間に35Kmまで来てしまいました。
あと7Kmなので、何とかなると思い、少しペースアップし、
最後は気持ちよくゴールを切ることができました。

スタート直後はいい天気で、風は冷たいもののポカポカ陽気か、
と思いきや塩田温泉あたりからは、雪もばらつき始め、
後半は真冬の寒いマラソンとなりました。
f0211218_17543339.jpg
これでフルマラソン完走267回目となりました。
なんと、10か月ぶりの完走です。
完走後は、白鷺城をバックに記念写真をスタッフの方に撮ってもらいました。
f0211218_17544445.jpg
上の写真は、普通の完走メダルではなく、鯱です。
平成の大修理にも携わった瓦職人によって製作されたものです。
また、革紐は千年以上の歴史のある「姫革」が使用されています。
普通の大会とはちょっと違う完走メダルで、いい記念になりました。

[PR]
by kannamijohhou | 2018-02-16 17:59 | Comments(0)

1月23日(火) 阪神尼崎の居酒屋「ごん兵衛」に於いて
「あまがすきハーフマラソン大会実行委員会」の同窓会を
開催しました。
尼崎市制100周年を記念して開催された「あまがすきハーフマラソン」が
終了してからはや1年3か月が経ちました。
そのマラソン大会実施の際に関わった実行委員のメンバーが
久しぶりに集結し、苦労話や楽しかった話などなどで盛り上がりました。
そのマラソンの実行委員長を務めていただいた稲村尼崎市長も出席され、
終始和やかな雰囲気で、お酒もすすみました。
今度は今建築中の「尼崎城」の周りをリレーで走る
「尼崎城リレーマラソン」なるものをしよう! なんて話も飛び交ってました。
f0211218_15340553.jpg

[PR]
by kannamijohhou | 2018-01-28 15:52 | Comments(0)

1月19日(金) ホテル阪急インターナショナルにて開催された
「アールビーズ事業発表会およびパーティ」に招待をうけ
出席しました。
アールビーズスポーツ財団は、ランナー雑誌である「ランナーズ」の
ランナーズホールディングスや大会イベント企画のアールビーズ、
大会のタイム計測などのレックスといったランニングの普及。発展に
寄与する一般財団法人です。

事業発表会では、近年のランニング事情やレース参加に関すること、
今後の見通しについての説明があり、大変参加になりました。
そして、スポーツイベントの募集・管理ができる「モシコム」の紹介、
自分が参加したレースの結果が、動画にて提供される「自分だけの
プロモーションビデオ」が手にできるサービス「フィニッシャー」の
紹介などがあり、興味津々の内容でした。
f0211218_15342472.jpg
事業発表会の前には、中山竹通さんと小鴨由水さんのトークショーがあり、
司会者の元NHKアナウンサーである島村さんの司会により、
楽しいマラソン談義が行われました。中山さん独特の個性あふれる
中山節に参加者は引き込まれ、飾らない性格で言いたい放題の中山さんの
ファンは増えたと思えます。

写真は、パーティでの一コマ。
中央が中山竹通さんで、右隣がオリンピックの実況アナウンサーでお馴染みの
島村さんです。



[PR]
by kannamijohhou | 2018-01-28 15:42 | Comments(0)

20日(土) JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて
『第21回 官浪の文具塾』を開催しました。参加者は11名でした。
今までいろんな文具メーカーさんにお越しいただき、自社のPRを兼ねて
いろんな文房具のすばらしさをプレゼンテーションしてもらっています。
しばらく文具メーカーさんによる文具塾ではなかったのですが、
今回は糊のトップメーカーである「不易糊工業」さんにお越しいただきました。
f0211218_10092455.jpg
最初に不易糊工業の紹介として、会社の歴史の紹介があり、
その後、糊の歴史についていろんな糊の歴史についてお話いただきました。
f0211218_10095206.jpg
そして、糊の種類の紹介。
でんぷん糊、液体のり、スティック糊などなどの特性や使い分けについて
実際に商品を触りながらの体験実習となりました。
f0211218_10094642.jpg
糊と一口にいっても種類は多く、用途によって使い分けることが大切です。
液体のりでも、最近は「しわにならない」タイプの糊があり、
参加者は、そのしわにならない糊を実感し、驚きの場面もありました。
最近では、テープ糊も人気がありますが、残念ながらフエキさんは
テープ糊には参入されていません。
f0211218_10093260.jpg
参加者にとっては、いろんな糊を使い、自分の仕事に合ったものを見つけ出せたようです。
なかなか不易さんの説明がうまかったので、みんな大喜びでした。
そして、フエキといえば「フエキくん」のキャラクターでお馴染みですね。
このキャラクターについての紹介もあり、化粧品の業界にも進出という話もありました。
f0211218_10090796.jpg
不易糊さんは、糊のみならずメモや墨汁、そしてインクジェットプリンターで印刷できる
クリアホルダーも販売されています。
f0211218_10094052.jpg
フエキ糊の文具塾が終了後は、恒例の交流懇親会を行い、
参加者によるユニークな自己紹介や糊にまつわる興味深い話等で
盛り上がりました。
ご参加いただいた方々、ありがとうございました。
そして、素晴らしい糊の話をしていただいた不易糊工業さんにお礼申し上げます。
次回は4月を予定しています。お気軽にご参加お願いします。


[PR]
by kannamijohhou | 2018-01-23 10:26 | Comments(0)

官浪の情報あれこれ