11月10日(土) 阪神尼崎駅前の㈱本田盛文堂尼崎にて「第24回 官浪の文具塾」を
開催しました。第1回は道頓堀の「ドッパ」で開催し、2回~23回までは、
JR尼崎のホテル「ホップイン」にお世話になり、開催を続けてきました。
そして、今回より㈱本田盛文堂尼崎4Fの会議室で開催する運びとなりました。
f0211218_09350025.jpg
今回の参加者は12名で、和気あいあいの中での開催となりました。
文具塾では走り続ける文具屋さんによる「文房具講座」です。
f0211218_09370380.jpg
ボールペン、フエルトペン、蛍光ペン、修正具、スティックのりなどにスポットを当て、
それぞれの歴史や種類、使い方などについて解説させていただきました。
f0211218_09364992.jpg
f0211218_09365742.jpg
ボールペン、蛍光ペンは実際に書き比べをしてもらい、その使いやすさが実感できたかなと思います。
次回は、最新文房具情報なども交えて、文房具に興味を持っていただくような講座にしたいです。
f0211218_09402953.jpg
文具塾終了後は、参加者による交流懇親会です。
しばらくの歓談ののち、山田茶園の山田隆さんによる「緑茶講座」をしてもらいました。
緑茶の種類やそれぞれの特性、そして美味しいお茶の淹れ方について実演していただき、
温度や茶葉の量などが美味しさのポイントになることを学びました。
f0211218_09403934.jpg
そして、引き続きお茶の講座で、伊藤園に務める辻村健悟さんによる「お~いお茶講座」
となりました。熱心に勉強されている営業マンで、ペットボトルのお茶について
詳しく説明していただきました。
f0211218_09404509.jpg
今回は、文具のみならずお茶の講座も飛び出し、参加された方々にとっては
充実したひとときだったかな、と思っています。
参加された方々、ありがとうございました。
次回は1月に開催を予定しています。次回はどんな講座となるか、楽しみです。
f0211218_09405359.jpg


[PR]
# by kannamijohhou | 2018-11-13 09:49 | Comments(0)

来年3月に発刊する追手門学院大学の交遊誌「LinkA」の取材に
立ち会わせていただきました。

「LinkA」は、追手門学院大学のそれぞれの分野で活躍する卒業生
にスポットライトを当て、記事にて紹介し、それぞれの得意分野を活かし
校友会員同士のネットワークづくりを図ることを目的としています。

創刊0号から始まり、今回の創刊3号で4回目の発刊となります。
トップ表紙面にお一人、そして中面に4名の紹介という構成です。
f0211218_09110933.jpg
最初の取材としては、津軽三味線奏者である佐山千尋さん(47期生)です。
佐山さんは尼崎生まれの尼崎育ちで、私は佐山さんが小学生の時代から知っています。
8歳から津軽三味線を始め、青森県で開催されている津軽三味線世界大会に毎年出場。
19歳の時に、見事世界チャンピオンに輝きました。
アメリカ3都市ゲリラツアーや、今年はスコットランド、マルタ共和国など
海外にも進出し、津軽三味線の魅力を世界の人々に伝えておられます。
そんな佐山さんのお話を聞かせてもらった後、実際に津軽三味線にて
2曲演奏してもらいました。取材の時は終始笑顔だったのが、
三味線を手にすると「プロ奏者」の顔に変身し、迫力満点の演奏でした。
f0211218_09190994.jpg
お二人目は、小学館集英社プロダクションの総務人事部長である大槻育宏さん(24期生)
メディア事業部におられた時は、「ドラえもん」など数々のキャラクター展開に携われていました。
いろんなエピソードを含めた面白い話がバンバンと飛び出し、聞き入ってしまいました。
大学時代はマスコミ研究会の部長をされ、そのさまざまな経験が今の仕事にも役立っておられるようです。
f0211218_09280936.jpg
そして三人目は、今回のトップ面を飾っていただく㈱廣記商行の鮑悦初会長(8期生)です。
廣記商行といえば、ご存知赤い缶の中国料理調味料「味覇」でお馴染みですね。
父親が創業された会社を引き継ぎ、味覇を業務用から1Kg缶を作り、
広くスーパーでも販売するようになり、一般家庭にもプロの味わってもらえるよう
日々励んでおられます。企業理念に「悦びの創造」を掲げ、お客様の繁栄が会社の繁栄と、
ブレない理念で社員を育てられています。

このあと、鹿島市右衛さん(5期生)、藻川芳彦さん(8期生)の取材が続きましたが、
残念ながらこのお二人の取材には立ち会うことができませんでした。

追手門学院大学の卒業生には、それぞれの分野で活躍されている方々が
たんさんおられます。今回取材に立ち会わせていただき、多くのことを学びました。
まさに「追手門学院大学の人間国宝」とも言うべき方々とご一緒させてもらうことは
貴重な体験となりました。
3月完成の誌面が楽しみです。
そして、この「LinkA」に掲載されて方々を中心に校友会会員が繋がり、追手門学院大学の
卒業生の「輪」をさらに大きなものにしていきたいと思っています。
取材にご協力いただいた方々に心より感謝いたします。






[PR]
# by kannamijohhou | 2018-11-01 09:43 | Comments(0)

「第24回 官浪の文具塾」を11月10日(土)に
㈱本田盛文堂尼崎に於いて開催します。
f0211218_17534966.jpg
今回はボールペン、蛍光ペン、のり、修正テープなど
文具各社から発売されている商品の使い比べほしてもらい、
使いやすさなどを実感していただいて、その特性などについて
走り続ける文具屋さんが解説させていただきます。
また、ボールペンや蛍光ペン、フエルトペン、鉛筆、のりなどの
面白い歴史についての講座も予定しています。
f0211218_17542714.jpg
塾終了後は、参加者による交流会を行います。
今回よりケータリングでの食事、ドリンクにて楽しみます。

その交流会にて、尼崎のお茶屋さん「山田茶園」さんにお越しいただき、
お茶の種類などの雑学や、美味しいお茶の淹れ方についての「ミニお茶講座」
をしていただく予定です。
f0211218_17574833.jpg
そして、その「お茶講座」にて某大手お茶メーカーに勤める大学の後輩が、
メーカーとしての「お茶」についての特別講座をしてもらうことになりました。
楽しい、そして役に立つ話題になると思います。ご期待下さい。
まだ、若干の空席がありますので、参加希望される方はご連絡下さい。

日時 平成30年11月10日(土) 18時から21時
場所 ㈱本田盛文堂尼崎  
    尼崎市御園町40番地 阪神「尼崎駅」南西に徒歩2分(五合橋線沿い、ローソンの南隣り)
参加費 3,000円(食事代、ドリンク代含む) 文具塾のみの参加は無料です。

     

[PR]
# by kannamijohhou | 2018-10-18 18:05 | Comments(0)

追手門学院大学校友会の交遊誌「LinkA」の取材で。
27日 神戸市摩耶埠頭にある㈱廣記商行さんにお邪魔しました。

追手門学院大学校友会の交遊誌「LinkA」は、活躍する卒業生を紹介し、
校友会会員のネットワークづくりを目的として、年1回発行しています。
今回は4回目の発行となり、そのトップページを飾るいわゆる
交遊誌の顔となる紹介者に、㈱廣記商行の鮑会長さんを選出させていただきました。

f0211218_09455691.jpg
廣記商行といえば。あの赤い缶で有名ですね。
そう、中華料理調味料。中華スープの素「味覇」です。
もちろんその他にも、中華料理調味料や食材等を中華飯店やレストラン
百貨店などにも販売されています。

その廣記商行の鮑会長が追手門学院大学の卒業生だとは、全く知りませんでした。
鮑会長は、1977年卒業の第8期生です。
そんなわけで、広報委員長を務める私が担当となり、担当者とともに
会長を訪ね、取材の依頼に伺いましたところ、快諾していただきました。

本社では、鮑会長が自らお出迎え、そしてお見送りまでしていただき感謝しています。
今月から取材に入ります。どんな体験談をお聴きすることができるか楽しみです。
f0211218_09462292.jpg

[PR]
# by kannamijohhou | 2018-10-01 10:01 | Comments(0)

昨日(24日) みんなの尼崎大学商学部 オープンセミナーに生徒として参加しました。
尼崎大学商学部とは、商店街がキャンパスになり、商店主がセンセイとなって
プロの知識やコツを教えるオープンセミナーです。
9月8日~24日まで、尼崎全域で全39講座で行われました。
f0211218_13012307.jpg
最終日となった昨日は、「プロのコツを加えて、自分流のお茶ライフを!」という
テーマで開催された『山田茶園』さんの講座に参加しました。
店主の山田隆さんとは、あきんど倶楽部入会時からの知り合いで、
親しくお付き合いさせていただいています。
f0211218_13013865.jpg
講座では、まずお茶の豆知識です。
お茶とは? どこが産地? どんな種類があるの?成分は? ……
知っているようで知らない雑学をお聴きすることができました。
f0211218_13015634.jpg
続いて、実際にお茶葉を使っての美味しい淹れ方の講座です。
茶葉の量、お湯の温度、器を温めてから注ぐ等の
プロの技とコツを楽しく学ぶことができました。
f0211218_13020543.jpg
水出し茶を作り、ペットボトルで売られている「お~いお茶」との
色や透明度の比較です。
煎茶を使った場合には、緑色ですが、ペットボトルのお茶は茶色です。
透明度も違います。ペットボトルティは、独自の製法で大量生産されているそうです。
どちらも美味しいですが、自分で作ったお茶がより美味しいような気がします。

普段何気なく飲んでいる「お茶」ですが、大変奥深いものだと感じました。
このような素晴らしい講座を担当していただいた山田茶園さんに
お礼申し上げます。ありかどうございました。
また機会があれば、お茶の雑学をお聴きしたいものです。

[PR]
# by kannamijohhou | 2018-09-25 13:17 | Comments(0)

官浪の情報あれこれ