2017年度「追手門学院大学校友会兵庫支部総会」を開催しました!

2月17日(土) 尼崎市の都ホテルニューアルカイックに於いて、
2017年度 追手門学院大学校友会兵庫支部の
支部総会・講演会・懇親会を開催しました。
f0211218_17563526.jpg
兵庫支部は、昨年3月20日に設立し今回が2度目の総会を迎える支部です。
支部の会員は約8000人もおられます。
そして、兵庫県は広いために、一堂に集まることも難しく、
神戸、阪神、播磨、丹波、淡路といった地区に分けて
各地区での活動を行い、各地区持ち回りで総会をする、という
ことになっています。
今年は兵庫県の一番東にあたる尼崎での開催となりました。
f0211218_17564888.jpg
会の開催にあたり、支部長である私の挨拶から始まり、
校友会の林田隆行会長から挨拶と続き、その後総会の議事に入りました。
総会はすべての議事が承認可決され、20分間で無事に終了しました。

第2部では、地域創造学部の田中正人准教授による講演会で、
「デザインで世界は変われるか」をテーマに40分間にわたってお話いただきました。
田中准教授は、災害復興の研究者として有名です。
この講演会では、災害復興におけるデザインの可能性について考える、素晴らしい講演でした。
この世に存在するあらゆるものは、すべて誰かのデザインによって作られています。
デザインによって人間の心理は大きく動くものであること、そしてデザインの視点は
仮説住宅の配置においても取り入れられていること、など実践と理論からアプローチいただいた。
大変参考になる講演で、もう一度じっくりと聴きたい内容でした。
f0211218_17570290.jpg
そして、第3部では懇親会となり、学院関係の来賓の方々、校友会関係の方々、そして
兵庫支部のメンバーの方々の交流を図る有意義な懇親会となりました。
懇親会では、私の開会挨拶に続き、追手門学院理事長であり大学学長の川原俊明さまの挨拶。
そして校友会の永井副会長による乾杯の発声と続き、歓談となりました。
f0211218_17571204.jpg
しばらくの歓談後、ゲストとしてお招きした津軽三味線世界チャンピオンである
佐山千尋さんによる津軽三味線演奏を披露いただきました。
佐山千尋さんは、本大学の卒業生(第47期生)であり、地元尼崎の出身です。
迫力満点の津軽三味線で、会場は大いに盛り上がりました。
f0211218_17572022.jpg
そして、出席者の紹介となり、学院関係の方や校友会関係の方は私からの紹介とし、
兵庫支部のメンバーは一人ひとり壇上に上がっていただいての自己紹介としました。
この懇親会を通じて知り合いになった方々や、意外なところで繋がっていた、という
話も耳に入りました。
今後、兵庫支部のメンバーがどんどんと交流を図ってもらい、
卒業生が繋がっていくことを期待しています。
ご出席いただいた方々、ありかとうございました。
来年は、姫路にて開催を予定しています。また、お会いしましょう!!
f0211218_17572840.jpg



[PR]
by kannamijohhou | 2018-02-21 18:25 | Comments(0)

官浪の情報あれこれ