「阪急文具博覧会2014」に行ってきました

f0211218_15340873.jpg
先週15日にうめだ阪急百貨店にて開催された
「阪急文具博覧会2014」を見に行ってきました。
テーマは、“書く"ことの魅力、再発見! で、
国内外トップ文具ブランドの万年筆、ボールペンが
集結されていました。
トンボ鉛筆、三菱鉛筆、パイロット、サクラクレパス、
ゼブラ、ぺんてる、セーラー万年筆、パーカー・・・・
ボールペンには名入れ実演コーナーも人気を集めていました。
ペンメーカー以外は、手帳のアシュフォードも参戦。
また、センスが光る文具名品としては、
表紙や中紙を自在にセレクトして、世界にひとつだけの
自分だけのオリジナルノートが作れる「カキモリ」も参加し、
若い世代に人気を博していたようです。

f0211218_15465518.jpg
私は、ペリカンの万年筆「ツイスト」(写真上)を購入しました。
人間工学に基づいたねじれのオシャレなフォルムが気に入り、
またグリップ部が黄緑の滑り止めがついていて、書きやすい。
普段万年筆を使わない人にも、親しんでもらえる逸品です。
f0211218_15481765.jpg
午後3時からコトコトステージでのイベントとして、
「手帳とペンについてのトークショー」があり、
ステーショナリーディレクターの土橋正さんが登場し、
手帳メーカーのアシュフォードさんとのトークショーでした。
お気に入りの手帳とペンの使い方の説明があり、
参考になる点も多々あり、今後生かしたいと思いました。
f0211218_15545826.jpg
この文具博覧会には、若い女性が多数来場され、
熱心に最新文具の展示に見入る姿が見られました。
また、万年筆のコーナーには年配の方が
高価な万年筆を購入されている場面もありました。
文房具に魅力を感じている方が多いことは嬉しい限りですね。
こんな博覧会はワクワクしていいものです。
次回も是非見に行きます。




[PR]
by kannamijohhou | 2014-03-21 16:02 | Comments(0)

官浪の情報あれこれ