えんぴつ一万本以上を展示!「エフロノット」さんにお邪魔しました

f0211218_19513115.jpg
1日(土) 文具メーカーの営業マンから教えてもらった
北区中津にある文具雑貨店「エフロノット」さんにお邪魔しました。
鉛筆をはじめ、様々な珍しい文房具が陳列されていて、
見ているだけでワクワクする文具店です。
外国の筆記具も多く、日頃目にしないものも多数ありました。
思わず面白い筆記具(写真下)を買ってしまいました。
f0211218_19580405.jpg
文具雑貨店は、山台志穂さんが店主なのですが、
この「エフロノット」さんの隣に、なんと!鉛筆が一万本以上
展示されている展示場がありました。
その名も「えんぴつ一万本超えちゃいまし展」を開催されています。
みの展覧会を開いているのは、志穂さんのお父さんである
山台坦さんです。そこで山台さんにいろいろとお話をお聞きしました。
f0211218_20145903.jpg
写真上は、昔の鉛筆陳列用の什器です。
メーカーが文具店に配って、この什器で陳列していたそうです。
f0211218_20163496.jpg
こんなものもありました。写真上は、鉛筆の自動販売機です。
10円を入れると鉛筆が1本出てきて、鉛筆を削り器に突っ込むと
自動で削られると、ランプが点くという優れものです。
f0211218_20194176.jpg
f0211218_20202640.jpg
f0211218_20192046.jpg
鉛筆業界の古くからの大手であったヨット鉛筆、
地球鉛筆、コーリン鉛筆、三菱鉛筆、トンボ鉛筆など
昔懐かしい鉛筆が多数展示されています。
山台さんは、元々は文具店とは縁遠い「競馬ニホン」の
3代目の社長とのことです。
60歳頃から6年間かけて骨董市や古い文具店を回り、
鉛筆を買い集めた、というからびっくりです。
鉛筆の勉強にも熱心で、「日本鉛筆史」なる書物も
見せていただきました。
鉛筆は、歴史の古い奥の深い文房具です。
「鉛筆」で何と2時間もお話させていただきました。
是非またゆっくりと訪れたいと思っています。

写真下は、私が小学生の時に使っていた
ライオン歯磨の販促鉛筆で、
「東京オリンピック選手派遣費献金記念」のトンボ鉛筆。
約50年前の鉛筆を手に、当時のことを思い出しました。
f0211218_20352153.jpg




[PR]
by kannamijohhou | 2014-03-03 20:37 | Comments(0)

官浪の情報あれこれ