尼崎の隠れた名店「マルヤ」さんの洋食

f0211218_1975227.jpg

今までは、「最後の晩餐」で食べたいものとして、大阪市阿倍野区昭和町にある
洋食専門店「とん助」の『ミンチコロッケ』を、と思っていましたが、
その最後の晩餐に、ぴったりの名店を尼崎で見つけました。
f0211218_19124645.jpg

尼崎市西難波町、市役所の南にある洋食・中華「マルヤ」さんです。
写真を見てもらえば分かりますが、なんとも普通の町の食事処というか、何というか
空腹時に、たまたまここに通りかかったとしても、入って食事をする気がしない、
という感じの店構えですね。
勇気を出して中に入ってみて、これまたびっくり。
お爺さんとお婆さんのふたりで切り盛りするお店です。
噂に聞いていたので、「とんかつランチ」ランチを注文しました。10分くらいでお爺さんが
「はい、どうぞ」と持ってきてもらったランチ皿を見てびっくり。とんかつランチを頼んだはずなのに・・・
おいしそうな野菜とスパゲッティ、ハム、ポテトサラダがお皿いっぱいに溢れていました。
が、肝心のトンカツの姿がない・・・・・じぇじぇじぇ  と思っていたら、
お爺さん「えらい、すんまへん。とんかつを乗せるの忘れてました!」と。思わず吹きだしました。
しかし、そのトンカツにかけられたデミグラスソースの美味しいこと、最高です。
もちろんとんかつの味も絶品。思わず涙が出てきましたがな。
それも、値段を聞いて2度びっくり。このとんかつランチがな、な、なんと650円也。
もう、最後の晩餐はこのとんかつランチに決定しました。
しかし、洋食・中華と名乗っておられるので、今度は中華にチャレンジしたいと思っています。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-06-27 19:31 | Comments(0)

官浪の情報あれこれ