武庫川スポーツクラブ 夏の風物詩ともなった
「第16回武庫川よるカモメ12時間走」を7月29日~30日に
盛大に開催することができました。

午後7時から翌朝7時までの12時間をチームでバトンタッチ
しながら走り続けるマラソンイベントです。
今回は35チーム350名の参加によっての開催でした。

午後7時 大会会長である私の号砲により、第1走ランナーが
夕暮れの中、走り出しました。

真夏のこの時期、昼間は暑すぎてとても走ることはできません。
しかし、この時間帯は比較的涼しく走ることができます。

私は、クラブチームである「ハゲ熊と猿軍団」のチーム代表者。
そして、視覚障がいランナーとガイドによる「長居わーわーず」
チームの選手として、掛け持ちで参加しました。
f0211218_09550750.jpg
1周2Kmコースを1~3周ずつはしり、バトン代わりの懐中電灯で
バトンタッチして12時間で何周走ったか、というランニング大会です。
とはいってもこの大会は速さを競うものではなく、12時間を仲間
ランナーで楽しく過ごすことが基本です。

エイドステーションでは、ドリンクをはじめ、オレンジやバナナ
スイカなどの果物、そして冷やしソーメンやおにぎり、カップラーメン
等の食材が提供されます。

休憩を十分にとりながら、みんな走り続けました。
しかし、午前5時頃、雷音とともに突風、豪雨に見舞われ、
安全面を考慮して、大会をその時点で中止とさせていただきました。
したがって、10時間走ということになりました。
f0211218_09551798.jpg
午後7時過ぎから予定していた打ち上げ会を午後6時に変更して、
予定通り、楽しい打ち上げ会も行うことができました。

この大会にご参加いただいた35チーム350名のランナーの方々、
そして事前の準備から当日も一晩中協力いただいたスタッフの
方々に厚くお礼を申し上げます。
また、来年お会いしましょう!



[PR]
by kannamijohhou | 2017-07-31 10:05 | Comments(0)

7月23日(日) 和歌山県紀伊田辺市にて開催された
「追手門学院大学校友会・和歌山支部総会」に出席しました。
f0211218_18102314.jpg
朝の8時30分に新大阪駅に集合して、くろしお号にて
天王寺、和歌山で合流のメンバーとともに、紀伊田辺に向かいました。

約2時間半の久しぶりの電車旅気分を味わえました。
11時15分頃に紀伊田辺駅に到着。
すぐに総会会場である紀伊田辺シティプラザホテルへ。
f0211218_18110083.jpg
11時30分頃から、和歌山支部総会が開始されました。
まずは、支部長、校友会会長の挨拶があり、
地域創造学部の峯俊准教授による「産学官民連携プロジェクト活動報告」
の基調講演をいただきました。

その後、追手門学院の胸永専務理事より
「現代未聞 追手門」をテーマにビデオを鑑賞しながら
お話しいただきました。
f0211218_18105486.jpg
その後、和歌山支部総会を行い、閉会。
場所を移動し、懇親会の開宴です。
f0211218_18111653.jpg
キリンの一番搾り「和歌山の乾杯」で乾杯。
やや柑橘系の香りがするビールでした。
f0211218_18110928.jpg
昼食にしては豪華な御善で、食べごたえがありましたね。
この席では、校友会や大学職員や現役学生との交流を図ることが
できました。

懇親会終了後は、バスで中辺路まで移動し、
プチ熊野古道散策となり、熊野古道の雰囲気を味わえました。
いろいろ企画して頂いた和歌山支部の役員の方々に
感謝申し上げます。
次は、8月5日の京都支部総会です。


[PR]
by kannamijohhou | 2017-07-28 18:26 | Comments(0)

22日(土) JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて
『第19回 官浪の文具塾』を開催しました。
f0211218_17184255.jpg
今回の参加者は少なめの8名でしたが、
少数精鋭で、内容の濃い文具塾となりました。
この文具塾は、平成25年3月に道頓堀「ドッパ」にて
試験的に開催してから、4年が経過しその間に18回の
文具塾を開催してきました。

2回目からは、文具メーカーからゲストをお招きし
そのメーカーのヒット商品の紹介や特徴、使い方・・・
について学んできました。
f0211218_17185389.jpg
14社のメーカーをお招きして開催しました。
そして、18回と19回は少し観点を変えて
モノづくり企業の社長をお迎えして、モノづくり企業
としての考え方やアイデア発想法、商品開発の苦労話など
についてみんなで学ぶことができました。

今回は、文具ソムリエである走り続ける文具屋・官浪による
「事務用のり」についての文具学の講座となりました。
f0211218_17190149.jpg
のりの歴史については、1895年に卓上糊の元祖「不易糊」が誕生
してから、1899年には「ヤマト糊」が誕生し、
でんぷん糊、液状のり、合成のりと各社が製造を開始しました。
1969年にはドイツメーカーが初のスティック糊を開発し、
1980年には同じくドイツメーカーのペリカン社から
テープのりが発売されました。
そういった世界初や日本初となる糊製品の紹介を時代を語りながら
説明させていただきました。

また、でんぷん糊の成分は? 液体のりの成分は?
でんぷん糊を大量生産するために考えだされた「冷糊法」とは?

不易糊工業やヤマト㈱の社名の由来とは?
フエキのりの「どうぶつのり」は、いぬ・うさぎ・ぞうの
3種類があったが、うさぎとぞうが廃番になって「いぬ」だけが
残った話。
セロテープの構造とテープのりや両面テープの構造の違いについて・・・

約45分間の講座をさせて頂きました。
f0211218_17191041.jpg
文具塾終了後は、ビールなどを飲みながら語り合う「文具交流会」
今回もさまざまな話題で大いに盛り上がりました。

次回は20回記念となります。そして有限会社ケイ・エヌは創立20周年
そして「走り続ける文具屋さんチラシ」は10月に第100号を迎えます。
そんなことで、文具塾も少し趣向を変えて、盛大に開催したいと思ってます。

どうぞこれからも、文具塾をよろしくお願いします。


[PR]
by kannamijohhou | 2017-07-25 17:43 | Comments(0)

西宮市の山手である鷲林寺の上り口にある
おしゃれなカフェ「アスコケンダ」さんが
創業7周年を迎えられ、これを記念したライブが
16日(日) に開催され参加しました。
f0211218_09010762.jpg
午後5時の夕暮れにライブは開宴されました。
自然豊かな緑の木々から漏れる柔らかな西日を受けて
まずは尼崎でライブ活動をされている「ナチュラル・フレンズ」さんの
懐かしい昭和の弾き語りと歌で始まりました。
山手の静かなカフェに響くギターの音色は、高質な空気にぴったりです。
f0211218_09005751.jpg
そして二番手は、「トマケ」さん。
スペイン調のギター演奏で、ボーカルの透き通った歌声は
心にしみる感じで、よかったです。
f0211218_09004761.jpg
このバンドは、川西市から来られているようで、
川西市のキャラクター「きんたくん」のマスコットを持参して頂きました。
スペイン系のルンバやポップス、タンゴなど存分に楽しめました。
f0211218_09002706.jpg
この日の軽食は、カレーピザを注文しました。
カレーのスパイシーな味の中にピザチーズの甘さが調和した
とても美味しいピザです。採れたての野菜が添えられているのも嬉しい。
f0211218_09003625.jpg
ライブの途中には、ジャンケン大会で中野農園の採れたて野菜が
プレゼントされたり、食事券が当たったり(私はハズレでしたが)
楽しい夕暮れを過ごしました。

そしてラストは、「ちきら まさひろ」さんのライブです。
ギターの弾き語りでポップスやオリジナル曲を演奏していただきました。
f0211218_09011809.jpg
日も暮れ、すっかり周りは暗くなったところでライブ3組は
終了となりました。
最後は、アカコケンダ店主の中野裕子さんによる
詩吟を吟じってもらいました。
その迫力にビックリでした。

中野裕子さんは、追手門学院大学の1年先輩にあたります。
まだ知り合って3か月程度なのですが、いろいろとお世話になっています。

9月30日(土) には、このアスコケンダにて追手門学院大学校友会
「兵庫支部・阪神地区のつどい」を開催することになりました。
当日はアメリカ民謡研究部OBによるウエスタン音楽の演奏を
楽しみながら、校友会同志の交流を図ることができればと思っています。


[PR]
by kannamijohhou | 2017-07-19 09:30 | Comments(0)

f0211218_09104808.jpg
リヒトラブから発売されているスタンドペンケース。
「立つ」ペンケースとして好評でしたが、この度
アニマルシリーズが新発売され、大好評です。

プニッとしたシリコン素材で、カバンなどに入れて
ペンケースとして携帯できます。
そして、机上では上からポン!と押すだけで、
ペンスタンドに早変わりします。
f0211218_09101375.jpg
ペンが15本も収納でき、フタ部分には
消しゴムホルダーが付いているので、便利。
f0211218_09112978.jpg
種類は、クロネコ、シバイヌ、クマ、ハチワレネコ、ブタ、パンダの
6種類があります。

今のところ、一番人気は「クロネコ」さん。
二番手に「クマ」さん、「シバイヌ」さんが続いています。

今朝、「ハチワレネコ」さんの注文が3点ほど入りましたので、
「ハチワレネコ」さんも猛烈に追い上げています。
さあ、どのアニマルが1位を獲得するのでしょう? 注目です。
f0211218_09114899.jpg
走り続ける文具屋さんでは、この「プニラボ」アニマルシリーズの
大セールを期間限定で、開催しています。

あなたは、どのアニマルがほしいですか?

[PR]
by kannamijohhou | 2017-07-14 09:22 | Comments(0)

昨日(10日) 尼崎あきんど倶楽部7月度例会が開催されました。
今回の例会はゲスト講演となり、元毎日放送のアナウンサーであり、
現在MBSパーソナリティを務められておられる子守康範氏をお招きし、
「アナウンサーの視点からみえてきた、自社の強みを活かす経営術!!」
をテーマにお話ししていただきました。
f0211218_10425952.jpg
子守さんは、MBSアナウンサー時代からさまざまな番組で活躍され、
198cmという長身を生かしたパワーのある喋りが有名です。

現在は「子守康範 朝からてんコモリ!」でパーソナリティをされて
いる他に、「映像のチカラを経営のチカラに」をテーマに
会社を立ち上げられ、企業のブランディングや販促企画などを
通じ企業の経営の力となるような仕事をされています。

今回の講演の中では、「1分間自己紹介」ということについて
「聞き手の生理」を考えながら、「伝える」ことの重要さを
学ばせていただきました。声の大小やトーン、間の取り方・・・
今後の活動に役立てたいと思います。


[PR]
by kannamijohhou | 2017-07-11 10:52 | Comments(0)

8月5日(土)~6日(日) 尼崎の尼崎市立尼崎双星高校にて
「みんなのサマーセミナー」が開催されます。
今年で3回目となりますが、今回は会場が百合学院から
尼崎双星高校に変更になっています。
f0211218_10593915.jpg
今年も私がセンセイを務めますよ。
今回で3回目となります。
昨日は、センセイ説明会が尼崎双星高校にて開催され、参加しました。
f0211218_11003881.jpg
サマセミとは? から始まり、一日の流れや注意事項の説明、
質疑応答と続き、最後は教室の見学で終了となりました。
新しい高校なので、とても綺麗な学校です。
このサマーセミナーには350人の一日先生が、350の講座に挑みます。
面白くて笑いっぱなしの授業から、真剣な学問の授業まで
その内容はさまざまです。
f0211218_11010458.jpg
授業の雰囲気をつかむために、教室の見学です。
私は3回目になるので、雰囲気はぱっちり分かっています。
f0211218_11000605.jpg
私は今年も「楽しい文房具の世界を体験しよう!」をテーマに
実際に文房具に触れてもらいながら、文房具の基本やその歴史、
またその文房具がどのようにして開発されたのか、開発秘話などを
織り込んでの授業をさせていただきます。

授業の最後には、簡単な文房具テストを行い、いい点を取った
生徒さんには、素敵な文房具のプレゼントを予定しています。

8月6日(日) 第4限目 (13:40~14:30)
官浪センセイによる「楽しい文房具の世界を体験しよう!」
尼崎双星高校 3F 331教室 にて行います。
事前の申し込み等は不要です。ただ、学内は土足厳禁なので、
スリッパのみ持参して下さい。
もちろん、参加はどなたでもOKです。たくさんのご来場をお待ちしています。




[PR]
by kannamijohhou | 2017-07-08 11:14 | Comments(0)

昨日、ISOT会場にて日本文具大賞2017の優秀賞の中から
機能部門とデザイン部門のグランプリが発表されました。
機能部門でグランプリを獲得したのは、
カール事務機から発売の『エクスシザーズ』。
f0211218_13053281.jpg
職人が一本一本研ぎ作業で刃付けした
厚さ3mmのステンレス鋼板を採用したはさみ。
デザインも切れ味も抜群です。
f0211218_13250415.jpg
そして、デザイン部門のグランプリは、
ぷんぷく堂の『あなたの小道具箱』。
あなたの小道具を入れるお道具箱です。
素材は、硬質パルプパスコで50年も持つとのことです。
f0211218_13281080.jpg
ぷんぷく堂さんは、「文具店は夜ひらく」でお馴染みの
夜しか営業していない文房具店です。
その店主がいろんなこだわりの文具を自分のアイデアで
作り上げた、まさにひとり文具メーカーです。
f0211218_13283761.jpg
写真は、4年前に東京に行った際に訪れた時のものです。
昔懐かしい文房具が所狭しと並べられていますが、
筆記具であるボールペンやシャープペンは置いていません。
ノートは丈夫な糸綴じの「ツバメノート」が陳列されています。
まさに文具マニアにはたまらなく、嬉しくなる文具店です。
その店主である櫻井さんのオリジナル文房具が、
文具大賞のグランプリに輝いたと聞き、大変嬉しく思いました。
グランプリ受賞、おめでとうございます。



[PR]
by kannamijohhou | 2017-07-06 13:39 | Comments(0)