昨日(26日)岡山県の総社市で開催された「そうじゃ吉備路マラソン」
に参加しました。
今までに20回位参加しているお気に入りの大会です。
吉備路に春を告げる行事として、総社の風物詩にもなっているマラソンです。
柔らかな春の陽射しをいっぱい浴びて、気持ちよく走れました。
f0211218_17253170.jpg
ただ、30Km以降は太腿に痙攣が走り、一時は走るどころか
歩くのも大変な程の痛みで、大幅にペースダウン。
何とか持ち直して走り通したものの、最後の1Kmは歩くよりも遅いか、
という走りでゴールを迎えました。
f0211218_17271810.jpg
5時間を切るのがやっと、という結果になりましたが、
何とか無事に完走することができました。
フルマラソン通算264回目の完走となりました。

ゴール後、先日のアールビーズのパーティで知り合った
山陽新聞社の林部長に電話し、完走を祝っていただきました。

来週の5日は、初のブラインドランナーの伴走でのフルマラソン。
少し緊張しますが、楽しく走りたいと思っています。


[PR]
by kannamijohhou | 2017-02-27 17:33 | Comments(0)

2月18日(土)~19日(日)の一泊二日で、
追手門学院大学校友会の支部支援委員会お別れ旅行に行きました。
校友会の任期は4年となっていて、今年の3月で任期満了となり、
支部支援委員会もそれぞれバラバラになる可能性があり、
お別れ卒業旅行に行こう!ということになりました。
f0211218_19165346.jpg
旅行の行先は、嵐山~湯の花温泉です。
嵐山駅に集合し、渡月橋を渡り街並みを歩き、
湯豆腐「竹むら」で昼食。
その後、天龍寺を見学してから、人力車で嵐山、嵯峨を観光となりました。
f0211218_19170226.jpg
人力車5台に分乗し、ペアはくじ引きで決めました。
なんと!同じ9期生の久保さんとのペアに決定!
まずは渡月橋をバックに記念撮影。
f0211218_19171684.jpg
嵯峨野に行く途中にある竹林は、風情がありました。
ここは、人力車での特別記念撮影ポイントらしいです。
f0211218_19173193.jpg
人力車に30分ほど乗り、JR嵯峨嵐山駅から電車に乗り、
亀岡まで移動です。亀岡から送迎のバスで湯の花温泉「渓山閣」へ。
f0211218_19174136.jpg
ゆっくりと温泉に浸かって、疲れを癒した後に
お楽しみである宴会に突入!
料理もお酒もみんなでワイワイ騒ぎながら、楽しみました。
f0211218_19175021.jpg
旅行のプロである大坂さんの司会でクイズ大会も大盛り上がり。
最後まで勝ち抜いた岡さんに豪華プレゼントが贈られました。
f0211218_19175709.jpg
宴会場でもカラオケはありましたが、
歌い足りない面々は、カラオケボックスへ直行。
2時間たっぷりとカラオケを楽しみました。
f0211218_19181038.jpg
カラオケが終わったのが10時半頃。
まだ飲み足りない酒呑み3人で、部屋呑みを3時半まで・・・

翌日は二日酔いでしたが、この日は大阪の追手門学院大手前ホールにて
新評議員会が開催されるため、全員8時過ぎにホテルを出発し、
一路大阪市へ。もうちょっとゆっくりしたかったなぁ・・

今回は、支部支援委員の楽しい仲間13名で、卒業旅行を存分に
楽しむことができました。
4月から始まる新評議員はどうなるのでしょうね。
みんなで力を合わせて、大学校友会活動を頑張りたいと思います。

[PR]
by kannamijohhou | 2017-02-23 19:36 | Comments(0)

また文具店が廃業!

先日、新大阪に行く用事があり、帰りに東三国から
みくに商店街を通って阪急三国駅まで歩きました。
その商店街を歩くのは久しぶりで、そういえば
このあたりに35年ほど前に、文具卸問屋に勤めていた頃
得意先だった文具店があったな、と思い出し探しました。
f0211218_09264143.jpg
すると、その文具店のシャッターにこんな貼り紙が・・・
寂しい限りですね。10年前に約30,000店あった文具店が
今では約6,000店に減少しているという記事を見たことがあります。

大型文具量販店の進出やスーパー、ホームセンター、ドラッグストア
100均などでも文具は売られている現状です。
また、アスクル等の通販がネット上に進出してきてから、
文房具の対面販売はほとんどなくなり、今や文具店は絶滅危惧種とも
言われています。

その中で、がんばって販売を続けてきた文具店もまだまだありますが、
やはり限界があるのでしょうね。
文房具を販売している身になると、寂しい気持ちになりますが、
何とかこの現状に打ち勝つ方法を見出していかねばなりません。


[PR]
by kannamijohhou | 2017-02-01 09:37 | Comments(0)