今年の夏頃から発売に向けて企画していた「文具ソムリエ・官浪が厳選した優れもの文房具ギフト」がこの度、発売となりました。
f0211218_18063468.jpg
商品内容は、外す時に紙が破れないミツヤの「ゼムクリップ」、切ってから貼る→貼ってから切るに発想転換したクリアーテープ「ハリマウス」、ホッチキスの針を簡単に外すことができるリムーバー・サンスター文具の「ハリトルPRO」、長い刃と短い刃がすり合うことによっての引き切り効果で、従来の1/4の軽い力で切ることができるハサミ・ナカバヤシ「サクットカットヒキギリ」、従来の蛍光ペンの常識を破った新発想の固形タイプ蛍光ペン・ステッドラーの「テキストサーファーゲル」3色セット、A4の書類を胸のポケットに入れて携帯できるA4三つ折りホルダー・キングジムの「オレッタ」、自然と正しい持ち方で書くことができる万年筆初心者用の万年筆・パイロットの「カクノ」等の7品目のお奨め文房具が入っています。優れもの文房具をパッケージし、ラッピングも承ります。
正価約4,300円程度の文房具ギフトを特別価格3,000円(税抜き)で販売します。
お歳暮、クリスマスプレゼント、送別会、各種お祝い品として、贈られた方々に喜んでもらえる文房具をセレクトしました。
是非、この機会にお買い求めください。
注文は、走り続ける文具屋さん (有)ケイ・エヌ
kan0024kn@bca.bai.ne.jp まで。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-10-28 18:23 | Comments(0)

f0211218_13300297.jpg
18日(土) JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて、「第8回官浪の文具塾」を開催しました。参加者は14名でした。当初の予定では定員10名のルームでの開催だったので、ギューギュー詰めでダークダックススタイルでの文具塾か?と思われましたが、ホテル側のご厚意で広々としたルナルームに変更していただき無事に行うことができました。
f0211218_13292090.jpg
今回のゲストは、アルバムをはじめ事務用品やシュレッダー等の事務機器メーカーであるナカバヤシさんでした。
どうしてもアルバムのイメージが強く、「新婚さん、いらっしゃい!」の話題で持ちきりでした。
数々ある取扱い商品の中から、今回は「ロジカルノート」と引き切りハサミ「ヒキギリ」を取り上げての文具塾となりました。
f0211218_13302409.jpg
ロジカルノートは、高学歴芸人として人気のお笑いコンビ「ロザン」と共同開発した商品です。宇治原氏が京都大学の出身としいことで、京大式ともよばれています。記入のしやすさや読みやすさにこだわったノートで、丈夫な糸綴じ製本です。
主には高校生、大学生向けのノートですが、ビジネスに使うこともできる優れたノートです。
また、引き切りのハサミ「ヒキギリ」は、長い刃と短い刃がすり合うことによってできる「引き切り」効果により、従来品の1/4の軽い力で切ることができる、こちらも優れもの文房具です。
これらの商品の説明を受け質問も飛び交うなど、熱心にナカバヤシ製品を勉強することができました。
f0211218_13291030.jpg
f0211218_13293114.jpg
文具塾終了後は、恒例となった文具懇親会を行い、ビールやワインを片手に様々な話題で盛り上がり、コンサルタントの先生2名によるミニ講演会も行い有意義なひとときを過ごすことができました。
次回は1月31日(土) の開催です。詳細はまだ決まっていませんので、決定しだい連絡致します。
文房具に興味のある方、お気軽に参加して下さい。お待ちしています!!


[PR]
by kannamijohhou | 2014-10-22 13:51 | Comments(0)

f0211218_12583291.jpg

今週の土曜日(18日)に、JR尼崎駅前のホテル「ホップイン」アミングに於いて
『第8回 官浪の文具塾』を開催します。
参加申込者は14名になっています。
今回は、アルバムをはじめ事務用品、シュレッダーなどの事務機器メーカーであるナカバヤシさんからゲストをお招きし、「ロジカルノート」や引き切りのハサミ「サクットカットヒキギリ」など話題の文具のヒットの謎に迫ります。

f0211218_13055348.jpg
ロジカルノートシリーズは、高学歴芸人として人気のお笑いコンビ「ロザン」と共同開発した、記入のしやすさ、読みやすさにこだわった新しいノートシリーズです。ロジカルノートには、きれいなノート作りのための工夫が満載されていて、学生に大人気となっています。
また、「頭のいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」の著者である高橋政史さんとの共同開発となった「ロジカル・シンクノート」も話題になっています。
f0211218_13031977.jpg
そして、刃物の町として有名な岐阜県関市の老舗刃物メーカーと共同開発し、ハサミ職人が監修したという「引き切り」効果で従来の1/4の軽い力で切ることができる「サクットカットヒキギリ」も切れ味の良さで、大人気商品となっています。
今回は、これらの商品を中心に実際に商品に触れて体感しながらの文具塾を進めていきます。
文具塾終了後は、恒例となった異業種交流会を行います。文房具の話題をはじめいろいろな話題で盛り上がります。今回も経営コンサルタントによるミニ講演会をしていただく予定です。お楽しみに!!
次回は1月31日(土)を予定していますので、興味のある方は官浪までご連絡下さい。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-10-15 13:20 | Comments(0)

先月から約1ヶ月間、一般のユーザーの方を対象にした「官浪の優れものハサミコンテスト」を実施しました。
プラス「フィットカットカーブ」、コクヨ「エアロフィット」、ナカバヤシ「サクットカットヒキギリ」、ソニック「メガサクPRO」の4社の4アイテムのハサミを用意して実際に切り比べ体験をしていただき、その中から最優秀のハサミを選んでもらうものです。
f0211218_12485677.jpg
フィットカットカーブ(左上) 、エアロフィット(右上)、ヒキギリ(左下)
メガサクPRO(右下)

切る対象の物は、コピー用紙、段ボール、厚紙、ビニール袋、タオル、クラフトテープなどで、切り味を体験するというもの。
今回は68名の方々にご協力いただき、日常の生活で切る作業上、最も良く切れるハサミを記入してもらい、この度「2014官浪の最優秀ハサミ」の栄冠に、ナカバヤシの「サクットカットヒキギリ」が決定しました。
各ハサミの獲得ポイントは、
フィットカットカーブ    14ポイント
エアロフィット        1ポイント
サクットカットヒキギリ   43ポイント
メガサクPRO         10ポイント
という結果でした。
f0211218_12574916.jpg
f0211218_12581217.jpg
このヒキギリは、今までのハサミと違い、長さの違う2枚の刃がすり合うことで「引き切り」効果が働き、従来のハサミの約1/4の軽い力で軽く切ることができる優れものハサミです。
すし職人さんが、刺身を切るときに包丁を斜めに入れて、引いて切るとよく切れるというのと同じ原理です。
写真(上)は、上がフッ素コートタイプで、下がチタンコートタイプです。フッ素コートはサビや汚れに強く粘着テープを切ってもベトつかないタイプで、チタンコートは、更に硬度、耐久性に優れていて大量の作業にも耐え得る最高級のハサミです。
f0211218_13031977.jpg
最優秀ハサミに輝いたナカバヤシの「ヒキギリ」を使用すると、サクサクと作業効率もアップすること間違いなしですね。
次回は「最優秀!修正テープコンテスト2014」を予定しています。



[PR]
by kannamijohhou | 2014-10-14 13:05 | Comments(0)

武庫之荘にある紅茶専門店「Midday Teabreak」さん。白を基調にした明るい店内で、美味しい紅茶を飲みながら寛ぐことができる紅茶専門店です。
3か月ほど前に、ある方の紹介で美味しい紅茶を飲みに行ったのをきっかけに、度かお邪魔しています。
朝10時から12時までOKのモーニングティーセットは、ブレンドティにチーズトーストorシナモンバナナトーストとミニヨーグルトがついています。チーズトーストもバナナトーストのどちらも美味しく、いつも迷ってしまいます。
f0211218_18143347.jpg
先日、走り続ける文具屋さんチラシのお店紹介コーナーに掲載させてもらうために、取材に訪れた時、写真上の尼崎にある製造メーカーの社長さんと偶然に知り合いになり、いろいろと楽しく話をさせていただきました。プラスチック部品の生産を行う町工場を経営される社長さんなのですが、偶然にも東京のある文具商品開発コンサルタントの方とともに、新製品の開発に携わっておられるとのこと。
よく話を聞くと、その方は「書類・手帳・ノート・ノマドの文具術」やヒットを連発するキングジムの"ヒット脳"を解明した「ただのノートが100万冊売れた理由」などの著者である美崎栄一郎さんだということが分かりました。
文房具好きの私にとっては、美崎さんは神様のような存在です。そんな人と一緒に商品開発をする社長に出会えたことをとても嬉しく思っています。
f0211218_18254083.jpg
そして、先日出来上がったチラシを届けに行った際に、前から飲みたかったケニアの紅茶アフリカンジョイをミルクティで楽しんでいたところを、店主がFaceBookにて投稿していただきました。それを見た店主の同級生がコメントされました。
「先日は弊社の製品をシェアしていただきありがとうございました。店主と知り合いだったとは驚きました」という風なコメントでした。そうなんです。先日、FaceBookページを見ていて、いいアイデアの商品があったのでシェアしてみんなに紹介していました。その方は、アイデアあふれるユニークなオリジナル文具を企画・製造するメーカの広報担当の方だったのです。そんな人とはなかなか知り合いになれる機会が少ない中で、ここの紅茶専門店で偶然にも知り合いになることができたことを大変嬉しく思います。
ビジネスの世界では人との出会いは大切なことです。これから自分のサクセスストーリーを歩んでいく上での大切な人と、出会えたように感じています。次はどんな素晴らしい人と出会うことができるか、楽しみです。
ここの店主はまさに「幸運の女神」です。ありがとうございます。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-10-07 18:50 | Comments(0)

4日(土) 千里北公園に於いて、「第10回LMC関西合同練習会」を開催しました。
この合同練習会は、吹田ヘルス、豊中グリーンクラブ、武庫川スポーツクラブ、芦屋浜アスリートクラブ、チーム蟻ぎりすの5団体が交互に、それぞれのホームコースでそれぞれ異なった方法での練習会をみんなで楽しむものです。
今回は、吹田ヘルスさんのお世話で行いました。ここの千里北公園は第1回目に開催した原点とも言えるコースです。
f0211218_19181643.jpg
f0211218_19173376.jpg
千里北公園は、緑豊かで小高い丘もあり、アップダウンのあるクロスカントリーコースも設定できるランニングには絶好のコースです。
f0211218_19201540.jpg
f0211218_19270171.jpg
f0211218_19271566.jpg
午前10時から、簡単な開会式を行い、準備体操を石井先生の指導で行い、全員でウォーミングアップ走。その後、スピード練習組とジョギング組に分かれての練習会が始まりました。スピード練習組は、ペースメーカーを付けてのペース走で1周回1400mコースを各自のペースで7~10周くらい走り、いい練習になったようです。
ジョギング組は、アップダウンのあるクロスカントリーコースでの約1時間半のLSD走を楽しむことができました。
f0211218_19260552.jpg
そして、練習会終了後は、弁当とビールで「乾杯」し、各走友会同士の交流を図りました。台風が迫ってきていましたが、何とか曇り空の中で、ランニングの話題で盛り上がって、閉会となりました。この練習会は3か月に1回程度、毎回違った場所で開催を予定しています。さて、次はどこかな?


[PR]
by kannamijohhou | 2014-10-06 19:30 | Comments(0)