今夏は、天候不順で雨降りの日が多かったのですが、この土日は素晴らしい秋晴れで絶好のマラソン日和となりました。
f0211218_13120377.jpg
土曜日はには、六甲アイランドで「第49回六甲マリンパークマラソン」を開催し、30名のランナーに参加いただき、うち8名がフルマラソンを完走されました。
大阪マラソンや神戸マラソンが間近に迫ってきて、長距離走の練習として参加された方が多かったみたいです。いい練習になりましたか?
日蔭は涼しい風が吹いて過ごしやすかったのですが、昼前になるとまだまだ残暑の日差しがサンサンと降り注ぎ、フルマラソンランナーにとっては苦しい状況のようたでした。
f0211218_13163126.jpg
そして翌日の日曜日(28日) 武庫川河川敷西宮コースに於いて、「第20回記念武庫川くすのき駅伝大会」を武庫川スポーツクラブの主催で開催しました。
土曜日に続いて快晴に恵まれ、爽やかな秋風が吹く中の駅伝となりました。
この大会は、昔残暑駅伝として開催していましたが、大会名と距離を変えて「武庫川くすのき駅伝」が生まれました。参加チームの方々のご支援で、今回めでたく20回目を迎えることができました。感謝いたします。
参加チームは166チームで、参加者とスタッフを合わせると約1200名。武庫川の河川敷はランナーで埋め尽くされた感じでした。
f0211218_13160835.jpg
f0211218_13162030.jpg
午前10時、男子の部ね男女混合の部が一斉にスタートし、タスキでつなぐハーフマラソンが始まりました。朝は肌寒いくらいの気候でしたが、スタート時には気温もジリジリと上昇し、全力で走り切ったランナーの顔は汗だくでした。
f0211218_13164350.jpg
f0211218_13165236.jpg
スタートから1時間10分過ぎにトップのチームがゴールし、その後続々とゴールが続きました。優勝を目指すチーム、自己新記録を目指すチーム、ゆっくりと仲間とのランニングを楽しむチーム、仮想で走るチーム……それぞれ目標は違いますが、全チーム見事に完走されました。
f0211218_13311067.jpg
そして、完走後はそれぞれのチームに分かれて打ち上げ会で盛り上がっていました。今回は生ビールの販売もあり、「完走おめでとう」の乾杯!があちこちで見ら、楽しい秋の一日を過ごすことができたようです。ランナーの方々、スタッフ協力いただいた方々、お疲れ様でした。また来年をお楽しみに!!



[PR]
by kannamijohhou | 2014-09-29 13:35 | Comments(0)

f0211218_09124010.jpg
来年の2月22日に開催される「第1回世界遺産姫路城マラソン」に申し込みをしましたが、先日「落選」というお知らせが届きました。トホホ・・・ショック。
この大会はどうしても走りたかったのですが…‥

皮肉にも落選の翌日、私たちが開催の準備を進めている「工都あまがさき100年の森マラソン」準備委員会のメンバー4名で、第1回大会開催の準備方法やノウハウをお聞きするために、姫路市役所内にあるマラソン大会実行委員会を訪問しました。
事務局長、運営委員長のお二方にお会いし、大会開催の経緯や大会開催基本計画作成、市民モニターアンケートの作成方法、兵庫県警との折衝、実行委員会のメンバー編成・会則の作成、日本陸連公認の取得……いろいろと丁寧に教えていただき、今後の準備の参考になりました。

第1回大会の開催の準備は大変です。公道を走るので警察の許可、交通規制、警備員の配置、ボランティアの確保、コースの選定、沿道住民・企業の合意、協賛のお願いなどなどこれからするべきことは山ほどあります。ひとつひとつ高いハードルをリ超えていかねばなりませんが、ハードルが高いほどやりがいも感じます。
今回の姫路城マラソン大会実行委員会訪問は、とてもいい勉強になりました。そして、姫路城マラソンと親交が持てたらいいな、と考えています。
姫路城マラソンには落選しましたが、大会のお役にたてるように協力させていただきます。
f0211218_09125342.jpg


[PR]
by kannamijohhou | 2014-09-25 09:37 | Comments(0)


優れもの文房具が文具メーカー各社から多数発売され、今や世界からも日本の文房具は注目されています。
私がYouTubeで紹介している文房具紹介も、日本以外の国に住む外国人にも多数見てもらっているようです。世界各地の方々に見て頂きたい、との想いを込めて文房具紹介動画の「英語字幕版」を作成しました。
最も再生回数の多いステッドラー社の固形蛍光マーカー『テキストサーファーゲル』です。ご覧ください。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-09-19 17:41 | Comments(0)

先日(14日)に開催した尼崎あきんどフェスティバルで交流委員会は、アミューズメントステージの担当でした。私は、屋台村ブースの紹介を「官浪のちょっとお邪魔します~ブース紹介~」として訪問し、ステージ上で紹介させていただきました。今回の屋台村ブースの紹介をあらためて紹介します。
f0211218_09230832.jpg
OFFICE 樹  
炭と鉄板にて肉を焼き販売されました。ジューシーなハラミステーキを召し上がれ!
f0211218_09251211.jpg
i-kai(医療と介護をつなぐ会)
あきんど名物のちょぼ焼きです。醤油味の生地に具だくさんの懐かしい味。
f0211218_09275903.jpg
チャミのカレー
神戸でお食事処を営んでいた義母直伝のレシピ国産材料にこだわってじっくり    煮込んだ日本のカレーライスをどうぞ。
f0211218_09304088.jpg
がんこフードサービス
普段お店にはない屋台だけの特別鉄板メニューを用意。よろこんで!元気よくお待ちしています。
f0211218_09325191.jpg
居酒屋焼鳥どんと
名物みやざき地鶏をお楽しみ下さい
f0211218_09350458.jpg
新世界元祖串カツ だるま
ソース二度付けお断り! 新世界の味 だるまです。
f0211218_09373252.jpg
尼崎レオクラブ
ボランティア団体のレオクラブです。焼鳥、ビールの他に気仙沼のがんづきも販売します。
f0211218_09391005.jpg
尼崎塗装工業協同組合次世代会
毎年恒例の甘辛あげ大人気です。小学生わたがし無料!
f0211218_09414082.jpg
ホットサンドイッチMOMO
桜井のみたらし、きなこ団子。一度食べたらやみつまです。
f0211218_09424553.jpg
俺たちの北海道 尼崎商工会議所起創会
北海道食材の加工販売。俺たちの自慢、北海道の物産を皆さんに!
f0211218_09445306.jpg
尼崎あんかけチャンポンPRキャラバン隊
尼崎商工会議所青年部が、市内各地に出没。お持ち帰り用のあんかけチャンポン。
f0211218_09464133.jpg
Bar'Kitchen Rick'sBar
気軽にお酒が楽しめるお店! きさくなバーテンダーとスタッフが笑顔でお迎え。
f0211218_09483770.jpg
カサレッチョ
イタリア人が作る本場イタリア料理を楽しく、おいしくをテーマに提供!
f0211218_09495291.jpg
Q倶楽部
かわいい女の子達と一日楽しく飲食ブースを盛り上げます。
f0211218_09505500.jpg
兵庫韓国青年商工会
元気一杯に活動しております兵庫韓国青年会です。
韓国焼肉を中心に、本場の味を提供します。
f0211218_09525713.jpg
アクセスコーポレーション
経営革新計画系承認商品の「印刷し放題プリンタ」の紹介。
ポップコーン、生ビールを提供。
f0211218_09544068.jpg
極楽湯尼崎店
屋久島の生タンカンジュース果汁100%です。本場の違いを感じて下さい。
f0211218_09560460.jpg
たかにし商店
和雑貨500円均一。下駄500円はお買い得!
f0211218_09570114.jpg
寺田モータース
ハーレーダビットソンの展示、アパレルの販売。








[PR]
by kannamijohhou | 2014-09-18 10:00 | Comments(0)



f0211218_17343967.jpg

14日(日) 阪神尼崎駅前中央公園一帯に於いて、「第4回尼崎あきんどフェスティバル」を開催しました。主催は、尼崎商工会議所の異業種交流会である尼崎あきんど倶楽部です。半年前から実行委員会を結成し、メンバーが協力しあいながらこの日のために、一生懸命に準備を進めました。昨年は雨模様で残念でしたが、今年は昨年の分を取り返すような秋晴れに恵まれました。
午前9時過ぎに、開会式。開会式前には、吉本新喜劇で尼崎出身の「たつ爺」こと井上竜夫さんと烏川耕一さんによる漫才(?)で会場を笑いの渦に巻き込み、盛り上げていただきました。
f0211218_17413433.jpg
その後、式典は市長や県民局長、商工会議所会頭等の挨拶と進み、ペットボトルのキャップでアートを作る「エコ・アートチャレンジ」の初めの一つ目のキャップを稲村市長に入れていただき、エコチャレンジがスタートしました。
f0211218_17450152.jpg

エコチャレンジといえば、こちらも会場で出たゴミを11分別に分けるチャレンジが行われました。11分類というとまさに究極ですね。小学生ドッチボールチームの協力を得て、みんなで頑張りました。
メインステージでは、キッズダンスコンテストが行われ、キッズの部と一般の部に分かれてダンス演技を競い合いました。
f0211218_17490111.jpg

f0211218_17491270.jpg

f0211218_17492371.jpg

f0211218_17493470.jpg

そして、あきんど屋台村の方は、あきんど倶楽部メンバーの飲食店や『二度つけ禁止』でゆうめいな「だるま」さん、「カサレッチョ」さんなどが出店し、美味しい料理で尼崎市民の胃袋をもてなしてくれました。
私のブースでは、これまた尼崎の名店「チャミのカレー」が出店し、見事に完売を達成しました。
焼肉「樹」では、特上のサーロインステーキとハラミステーキを500円で提供し、買い求める客で列ができるほどの人気ぶりでした。
f0211218_17553001.jpg

f0211218_17554113.jpg

f0211218_18000443.jpg

アミューズメントステージでは、バンド演奏と吉本芸人によるゲーム大会で、こちらも大盛り上がりでした。午後1時からは、吉本新喜劇の安井まさじ、森田ノブヨシ、吉田裕の3名によるくじ引き、じゃんけん大会がおこなわれ、午後4時からは森田まりこ、イチジマダイキによるけん玉大会が行われ、けん玉上手な小学生らに景品が贈られました。
f0211218_18013995.jpg

f0211218_18022818.jpg

午後3時半頃には、だんじりがやってきました。そして夕方になると尼崎最大級ともいわれる総踊りで会場は大賑わい。
f0211218_18045173.jpg

そして、エコキャップアートも完成し午後5時にお披露目を行い、会場から大きな拍手がおこりました。
このあきんどフェスティバルは、「元気・やる気・尼崎」を合言葉に元気な尼崎を市民にアピールし、低迷する景気を活気づけることを目的に行っています。
天気が良かったので、予想以上の来場者でにぎわい、無事に終えることができました。来年は、第5回です。ますますメンバーのパワーと知恵を生かし、更なる素晴らしいフェスティバルの開催で、尼崎市の活性化を図っていきたいと思います。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-09-16 18:12 | Comments(0)

7日(日) 尼崎あきんど倶楽部・交流委員会主催で、「武庫川河川敷清掃作業」を行いました。朝9時に集合し、簡単な打ち合わせ後、付近の河川敷の清掃作業の開始です。
台風11号の影響で、河川敷は水位の増水による被害を受けました。
台風の数日後に視察にきた時は、河川敷には流されてきた流木やゴミが散乱していましたが、この付近のゴミなどは市のほうで片づけをしてもらっていました。
しかし、花火やガム、氷の袋、折れた傘・・・・・いろんなゴミが捨てられていて、それらのゴミを拾い、処置しました。
f0211218_18161849.jpg
そして清掃作業終了後は、あきんどフェスティバルの決起大会を兼ねたバーベキュー大会を行いました。
f0211218_18175306.jpg
何しろあきんど倶楽部のBBQ大会は、豊富な食材で有名です。
牛肉、鶏肉、野菜、焼きそば、焼きおにぎりに加えてオマール海老まで用意されて、至れり尽くせりでした。
f0211218_18180478.jpg
そして、最後はあきんど倶楽部名物のホットドックです。パンにフランクフルトを挟んで、牛乳パックに詰めて焼く。中は蒸し焼き状態で、これが旨い!
参加者は20名程度と少な目だったのですが、参加したメンバーはみんな大満足。
またこういった交流行事で、盛り上げていきたいと思います。
f0211218_18283901.jpg
ちなみに、BBQ大会でまだまだ飲み足りない面々は、武庫之荘にある立ち呑み屋さんへ。さすがにみんな疲れて、立ち呑みはきつい! と立ち呑み屋さんで座り呑みする変なおじさんが続出。困ったもんですなぁ。



[PR]
by kannamijohhou | 2014-09-09 18:32 | Comments(0)

f0211218_17565143.jpg
7月30日~31日の一泊二日で、武庫川スポーツクラブ・マラニック部主催の「小豆島マラニック」が開催され、参加しました。参加者は22名で、天気予報が外れたことにより、2日間とも快晴の中、楽しむことができました。
小豆島には以前に同じくマラニックで一度来ています。また、高校時代にはキャンプで2度訪れ、瀬戸内海タートルマラソンでも来ていますので、5回目ということになります。
小豆島は、瀬戸内海に浮かぶ島で、古代には「あずきしま」とも呼ばれていたそうです。温暖な気候で、素麺や醤油、オリーブなどの生産が盛んな町です。

宝塚に集合してマイクロバスで日生まで行き、日生港からフェリーに乗り大部港までの暫しの船旅。大部からマイクロバスで八人石まで移動し、そこからマラニックのスタートです。
f0211218_18063278.jpg
f0211218_18081466.jpg
岩谷地区には、八人石丁場、豆腐石丁場、天狗岩丁場など石切丁場跡が多数あり、大阪城築城の歴史と技術を体感することができます。
写真上は、大天狗岩で高さ17.3m、幅7.8m、奥行12.3mで重量は1,700tという馬鹿でかい岩です。
f0211218_18125683.jpg
天狗岩石丁場から東海岸沿いを南下し、南風台を経由して大角鼻灯台まで走り、そこから少し北へ進み、坂手港まで走りました。
f0211218_18155936.jpg
坂手港は、神戸や高松とのフェリーで結ぶ大きな港です。
トイレ休憩を済ませ、古江から二十四の瞳映画村、岬の分教場などある観光地までの往復10Kmを気持ちよく走りました。
f0211218_18193550.jpg
岬の分教場は、二十四の瞳の舞台で、島内に残る唯一の初期小学校校舎です。
そして、再び古江まで戻り、宿泊先の旅館がある安田地区まで走りorバスで行きました。一日目の走行距離は約30Km。秋からのマラソン大会のいい練習になりました。
f0211218_18274998.jpg
旅館ではお風呂で一日の疲れを癒し、夕食&宴会で盛り上がったことは想像がつきますね。
f0211218_18282550.jpg
二日目は、朝8時に旅館を出発し、寒霞渓へ。
寒霞渓の登山口まで走り、そこから表登山道で寒霞渓の山頂まで登り、大半のメンバーは裏登山道で下りましたが、我々4名はロープウェイに乗りあの素晴らしい景観を眺めることができました。
寒霞渓は日本三大渓谷のひとつとして知られています。
f0211218_18330711.jpg
f0211218_18324741.jpg
寒霞渓の登山道では、お猿さんの集団が我々を出迎えてくれました。
山頂付近には映画「八日目の蝉」のロケ地もありました。
f0211218_18345225.jpg
f0211218_18350216.jpg
寒霞渓の頂上で記念撮影です。ここからは渓谷美と海岸美の両方を満喫できる展望台もあります。
そして、下山後、サン・オリーブ温泉までバスで移動し、汗を流しさっぱりとしてフェリー乗り場である大部港まで寒霞渓の山越えコースでバスを走らせ、帰路につきました。
何度か小豆島には行ってますが、寒霞渓には上ったことがないので、とても嬉しかったです。二日共に快晴で、磯の香やオリーブの香、潮風を浴びながら、そして夏の終わりを告げるツクツクボウシの鳴き声を聞きながらのランニングは、爽快でした。いい夏の思い出として心のページに刻むことができました。



[PR]
by kannamijohhou | 2014-09-01 18:41 | Comments(0)