f0211218_13043377.jpg
23日(土) 西淀川区民センターに於いて開催されたものづくりビジネスセミナーに参加しました。今回の講師は、メールブロックやジュエリーシール等独自の商品開発で大ヒットとなり、テレビなどのメディアで話題となっている㈱サンクレスト社長の植田実氏でした。

「サンクレストは、女子高校生に助けて頂きました」で講演は始まり、倒産寸前の崖っぷちに立たされた時に、テレビの「がっちりマンデー」の出演依頼が舞い込み、女子高生に商品開発の調査をしているところを撮影してもらい、番組として放送され、それがきっかけで見事にV字回復となったそうです。
この話で、そのような場面でテレビ出演依頼が来た、ということは「ラッキー」と思いがちですが、ビジネスに決して「ラッキー」はないということを教えていただきました。常に前向きな姿勢で行動しているからこそ、そのような出演依頼というチャンスをつかめる、ということです。
ここでの大切なことは、「あきらめない」「継続する」「絶対に売れるという決心」、これが商品がヒットすることに結び付いたのです。

そして、3つの動詞を覚えて実行すれば、人生が150%変わるといわれる「挨拶(大きな声であいさつする)」「行動(100%前向きで実行)」「感謝(お客様に対し、常に感謝しお客様の姿が見えなくなるもで見送る)」の話にも共感しました。

植田氏が青年時代からの波乱万丈な人生経験を積み、さまざまな苦境を乗り越えてこられたからこそ、成功したということもよくわかりました。長男が小児ガンを患い手術、再発を繰り返し、何とか二十歳まで生きさせてあげたい、との思いが奇跡を生み、ある病院で片方の頬を失いながらも奇跡の回復を遂げたそうです。その病院の治療方法とワクチンを世界に広めるという想いを込め、青少年夢応援隊を作り、「20年間で1000名の子供を海外に留学させる」という20年計画を立てて頑張っておられます。
この話には、感動で涙がでました。
講演の最後には、「なにびとも自分が生きた証しを残さなければならない」
植田氏の、パワー溢れる魂のこもった講演に感動し、これからの自分の生き方を変えなければならないと痛感しました。素晴らしい講演をありがとうございました。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-08-25 13:45 | Comments(0)

f0211218_14143239.jpg
15日(金) 今年の11月に開催する竹内街道ウォーキングの2回目の下見に、友達を誘って行ってきました。
阿部野橋から近鉄電車準急に乗り、當麻寺駅で下車し駅から200m位歩けば、日本相撲発祥の地と書かれた「相撲館けはや座」に到着しました。
ここは、この前の下見で見学しているので、素通りしました。
f0211218_14221327.jpg
相撲館から10分程度歩くと、當麻寺に着きます。
當麻寺は7世紀創建の寺院で、宗派は高野山真言宗と浄土宗の並立となっています。
創建者は、聖徳太子の異母弟・麻呂古王と言われています。
この當麻寺に行くまでのこの道がなかなかいいです。なんか昔懐かしくなる旧道ですね。
f0211218_14294968.jpg
當麻寺を出てから、芭蕉が句を詠んだとのいわれがある、芭蕉の小径を通り
史跡の丘を左手に眺め、菅原神社まで歩く。
そして、そこからは竹内街道に入り、上池に沿って進むと、竹内街道の旧道となり、蝉の声だけが響く静けさで自然豊かな街道が続いています。真夏の暑さで汗だくでしたが、日蔭に入ると爽やかな風が吹いて、心地いいウォークでした。
3Kmほど歩くと、ダイアモンドトレイルとの合流点である竹内峠に到着しました。
f0211218_14354233.jpg
ここからは下る一方の道で、二上山登山口付近は登山客で賑わっていました。万葉の森や大日池で釣り堀に興じる人も多く見られました。
ここから20分ほどで、道の駅「近つ飛鳥の里太子」に到着。小休止です。
道の駅では、太子産の美味しそうなぶどうや太子ワインなどが売られていました。
ここから歩くこと5分で竹内街道歴史資料館に着きます。ここも前に見学したので、今回はパスして、太子町役場までの古い街並みが続く街道を歩きました。
15分ほどで六枚橋に着き、太子町役場を経て、近鉄喜志駅を目指して出発です。
その途中には、推古天皇が建てたとされる叡福寺があります。ここには聖徳太子の墓所とされる叡福寺北古墳があることで知られています。
太子町は、まさに聖徳太子ゆかりの地ですね。
40~50分ほど歩いて、ようやく喜志駅に到着しました。
ウォーキング当日は、太子町の太子温泉が終着点になりますが、今回は喜志までの道を歩くことができて、よかったです。暑かったですが、真夏に歩く竹内街道もいいもんです。
喜志付近のファミレスで食事後、タクシーで虹の湯大阪狭山店に行き、汗を流したのち、堺東の大衆酒場で打ち上げ。ふたりで盛り上がりました。
11月24日 竹内街道ウォーキングの開催が楽しみです。





[PR]
by kannamijohhou | 2014-08-18 15:07 | Comments(0)

今日、先日の台風11号により被害を受けた武庫川河川敷コースの視察を兼ねて走ってきました。
武庫川河川敷の阪急電車高架下付近から出発しました。この辺りは、河川敷そのものはそんなに痛んでいないのですが、流されてきたゴミや木々がコース上に散乱していました。
国道2号線付近からは、地面が砂場のようになっていて走り辛いです。
f0211218_14103927.jpg
川を見るとすっかり水位は落ちて、何事もなかったように静かに流れています。
水鳥も多く、普段よりは水が澄みきっているようにも感じました。
f0211218_14122794.jpg
f0211218_14123885.jpg
写真上は、旧国道付近です。この場所はいつも台風の度にこんな風になっています。先日のよるカモメ12時間走前には、市役所に依頼しデコボコになっていたこの付近に土をいれてもらったばかりでした。
写真下は、旧国道から阪神電車に向かったあたりです。ここも台風被害の時は、こんな状態になります。とても走れる状況ではありません。
f0211218_14161136.jpg
一番被害が大きかったのが、写真上の阪神電車武庫川駅下です。
この辺りの高架下は、将棋や麻雀を楽しむ市民でにぎわっているところです。
f0211218_14181022.jpg
対岸の西宮側にも渡ってみました。ここは、国道43号線高架下で、私たち武庫川スポーツクラブのイベントが行われている場所です。ここから南も同じ状況です。
f0211218_14200114.jpg
f0211218_14203677.jpg
写真上は10日の台風通過後の写真です。写真下は、今日(14日)の写真です。
同じ場所で撮影したものですが、今日はすっかりと水も引いて河川敷も復活したようにも見えますが、コースはガタガタでゴミや木々も散乱しています。
f0211218_14235398.jpg
旧国道の北で、少年野球をしているあたりですが、ここもひどいです。
普段はジョギング、散歩をする人が多く見られますが、今日はその数も少なく感じました。
我々武庫川スポーツクラブの本拠地とも言うべき武庫川河川敷ランニングコースの一日も早い復旧を望みます。



[PR]
by kannamijohhou | 2014-08-14 14:28 | Comments(0)

私たちが学生時代には、入学祝いでもらうのは「万年筆」でした。
何となく大人の仲間入りしたようで、嬉しかった記憶があります。
その万年筆は、あまり使われなくなりました。高機能ボールペンの登場と手入れが大変だ、ということが大きな理由です。
しかし、近年またこの「万年筆」が見直されて、ビジネスマンや学生を中心に多く使われるようになったそうです。また、小学生でも万年筆を使ってみたい、との声も聞かれます。海外ブランドでは、小学生が使う万年筆が数多く発売されていますが、日本国内メーカー製の「パイロット・コーポレーション」からこの度、初心者向けの万年筆『カクノ』が発売され、大好評になっています。
f0211218_13282083.jpg
この『カクノ』の素晴らしいところは、ペン先に“笑顔"マークがプリントされていて、いつでもニコニコと書くことの楽しさを与えてくれます。
また、本体は机上で転がりにくい六角形ボディとなっていて、グリップ部は万年筆の正確な持ち方となるように設計された三角形を採用していることです。
また、プラスチック製のボディはポップな10色カラーがあり、オシャレですね。
本体価格 1,000円(税抜き) です。
お求めは、走り続ける文具屋 (有)ケイ・エヌ 
kan0024kn@bca.bai.ne.jp まで。
それでは、文具ソムリエ官浪による紹介動画をご覧ください。
           

[PR]
by kannamijohhou | 2014-08-12 13:37 | Comments(0)

f0211218_16553526.jpg
昨日(4日) 武庫之荘にある「ライブ・スポット・アロー」に於いて、尼崎あきんど倶楽部8月度定例会を開催しました。
「ライブ・スボット・アロー」は、1958年に結成された日本プロビッグバンドの「アロージャズオーケストラ」の本拠地であるライブハウスです。
日野皓正、北村英治、坂本スミコ、阿川泰子、大西ユカリなど日本を代表するアーチストをゲストに迎えて、数々のステージが開催されています。
ジャズ、クラシック、フォークまたまた寄席など多ジャンルのステージが行われ、楽しむことができるライブハウスです。
f0211218_17024197.jpg
f0211218_17025423.jpg
ピアノ、ベース、ドラムの演奏後、あきんど倶楽部メンバーである、村上朋子さんのボーカル。そしてソプラノ歌手の帯刀享子さんの美声に酔いしおれました。
帯刀さんは、「Amazing Grace」や「さとうきび畑」「アベマリア」などを熱唱され、会場からの大きな拍手に包まれました。
あきんど倶楽部メンバーが約90名参加となり、やや窮屈な感じでしたが、料理もおいしく、素晴らしいライブを鑑賞することができました。
このような企画をこれからも立ててほしいものです。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-08-05 17:12 | Comments(0)

f0211218_13282803.jpg
8月2日(土)~3日(日) に「第13回よるカモメ武庫川12時間走」を開催しました。
夜の7時から翌朝の7時までの12時間をチームでリレーして走り続けるリレーマラソンてす。今回は33チーム、参加者309名が参加し、真夏の夜のランニングを存分に楽しむことができました。
私のチームは毎年最下位争いをするノロノロゆっくりRUNを楽しむチームで、今年もレース早々に最下位。しかし12時間頑張って走り続け、ブービーに輝いたそうです。(どうでもいい話ですが……)
この12時間走では、エイドステーションでドリンクやバナナ、オレンジ、すいか、ソーメン、カップ麺、おにぎりなどなどがでます。これがまた楽しみですが、チームメンバーが持参して食事を楽しむことも楽しみのひとつです。
f0211218_13392213.jpg
我がチームはリッチで、写真のように「うな重」を差し入れしていただきました。
12時間走で『鰻』は考えられません。これには、びっくり! 超美味しかったです。
f0211218_13420343.jpg
写真(上)は、我がチームの第1走者である女性ランナー。
第1走者のみ、男女1位から3位に賞品があるとのことで、彼女を起用したのですが、惜しくも4位(女性ランナーは4名でしたが…)でした。
それと、このリレーマラソンの見どころ(?)の一つであるバンド演奏。クラブ員による編成で、主にジャズの演奏で盛り上がりました。
ボーカルによる生歌もあったそうですが、残念ながら気が付きませんでした。
f0211218_13460820.jpg
f0211218_13461716.jpg
そうこうしているうちに、夜も明け6時になった辺りから、ランナーのデッドヒートが始まります。1周でも多く走りたい、というランナー特有の欲望があるのですが、我がチームは1秒でも早く走り終わってビールが飲みたい、という素晴らしい欲望にかられ、頑張りました。
ラストの1周は、調整しながらも頑張って走りました。(写真下)
f0211218_13513643.jpg
そして、午前7時からは続々と各チームのゴールが続きました。12時間走り切った喜びをみんなで分かち合っているシーンがあちこちで見られました。
f0211218_13532955.jpg
12時間走り続けたランナーの方々、そして大会を支えて夜も寝ずにエイドステーションに協力いただいたスタッフメンバーの方々、本当にお疲れ様でした。
大きな事故、トラブルもなく無事に終えることができました。
また、来年お会いしましょう!!










[PR]
by kannamijohhou | 2014-08-04 13:56 | Comments(0)