今年の秋に開催予定の武庫川スポーツクラブ・ウォーキング部主催の「歴史街道ウォーキング」の下見で、竹内街道をひとりでテクテク歩いてきました。
竹内街道は、堺市、松原市、羽曳野市、太子町から竹内峠を越えて葛城市の長尾神社までに至る約26Kmの歴史街道です。難波と飛鳥を結ぶ最短のコースとして開かれ、大陸の技術や文化がこの街道を通じて飛鳥へ伝えられ、1400年の長い歴史の中で、様々な人や物がこの道を行き交いしました。作家司馬遼太郎は、「街道をゆく」でこの街道を「古代のシルクロードともいうべき道」と綴っています。
f0211218_09295286.jpg
ウォークは、近鉄磐城駅を出発し、長尾神社を経て少し北へ當麻方面に進み、
葛城市相撲館へ。ここは全国でも珍しい相撲の資料館です。相撲館前に建立されている五重塔は當麻けはやのお墓と語り継がれ、古くから「けはや塚」と呼ばれているそうです。
f0211218_09355103.jpg
相撲館から徒歩10分程度で当麻寺に到着。ここは、聖徳太子の異母弟である麻呂子王が建立した「万法蔵院」を始まりとしています。役行者の修行の地でもあり、のちには藤原豊成の娘、中将姫が入寺し、當麻曼茶羅を織り上げたとされています。
ぼたんの名所としても有名です。
f0211218_09435831.jpg
f0211218_09441416.jpg
当麻寺を出発し、芭蕉の小径を歩き史跡の丘を経て竹内街道に入りました。
上池沿いを歩き、竹内峠までの少しきつい坂を上ります。
竹内峠の手前に奈良県と大阪府の県境の碑があり、河内の国と大和の国の境を示す地点です。そこから少し進むと竹内峠でダイヤモンドトレイルと合流するポイントです。
f0211218_09503230.jpg
ここからは下りになり、比較的楽に歩くことができます。しばらく歩くと、二上山登山口、万葉の森があり、登山客でにぎわっていました。
約15分進むと、道の駅「近つ飛鳥の里太子」に到着。ここでおにぎりとお茶の昼食と休憩をとり、近くにある竹内街道歴史資料館へ寄りました。
ここは、竹内街道や太子町の歴史、周辺の遺跡の紹介などあります。VTR画像での説明もあり、竹内街道やその当時の歴史を身近に勉強することができました。
そして。周辺の太子町の古い街並みを眺めながら、終着点の「太子温泉」に到着。太子温泉付近からは二上山がきれいに見ることができます。

f0211218_09585184.jpg
f0211218_09590975.jpg
太子温泉は、聖徳太子めぐみの湯といわれ、万葉びとのロマン漂う、二上山の西側に位置した静かな場所に建つ天然温泉です。いい湯でウォーキングの汗を流し、鳥のさえずりに心も癒され、帰途につきました。
11月24日に予定しているこり歴史街道ウォーキング~竹内街道編~に多数のご参加をお待ちしています。歴史ロマンあふれる素晴らしいコースをご案内致します。



[PR]
by kannamijohhou | 2014-05-26 10:05 | Comments(0)

f0211218_13015048.jpg
17日(土) 京セラドームで開催されたオリックス対ソフトバンク戦を観戦しました。
このシリーズは、OSAKA CLASSICと題して、1970年代の近鉄対南海の戦いが蘇える3連戦で、オリックスは近鉄、ソフトバンクは南海のそれぞれクラシックユニフォームを着用してプレーするという、「浪速チャンピオンシップ」が見ものでした。始球式には、南海OBの藤原満氏が登場し、大きな拍手で包まれた。
f0211218_13104483.jpg
f0211218_13163326.jpg
試合のほうは、ディクソンVS中田賢一の投げ合いで進み、1点をリードされた7回に
坂口のソロホームランで追いつき、そのまま延長戦に突入。
そして、12回裏に安達のヒットなどで無死2、3塁の好機に、伊藤の犠牲フライで
今季初となるサヨナラ勝ちを遂げ、首位に返り咲きました。
20日らはセ・パ交流戦が始まっています。
オリックスの健闘を、そして優勝を祈っています。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-05-21 13:16 | Comments(0)

f0211218_18150678.jpg
以前に風邪をひいた時に買った「浅田飴」の空き缶の再利用を考えました。
まずは空き缶のフタに赤のマスキングテープを貼り、表面に絵柄付きのマスキングテープを重ね貼りして、縁をまたまた赤斜線のマスキングテープで補強して、真ん中にトレードマークの「走り続ける文具屋さん」を貼って、完成!!
フタの縁は、マスキングテープが滑り止めになって、開けやすくなりました。
事務作業中にクリップ止めする時に、気分が少し高揚し何となくワクワクするような気がしますね。


[PR]
by kannamijohhou | 2014-05-16 18:15 | Comments(0)

f0211218_12221299.jpg
先日放送されたスマステーションの「最新文房具がすごい!」で紹介され、話題になっているテープのりがあります。
コクヨから発売の「ドットライナースティック」です。
形状、大きさはブリットのりと全く同じですが、これはテープのりです。
f0211218_12262429.jpg
このテープのりのすごいところは、ヘッド部分が回転式になっているので、
円などの曲線やカーブなど、今までのテープのりでは貼り付けできなかった
ものにもスイスイと貼り付けできます。
また、貼り付け直後は粘着力が弱いので、ずれて貼ってしまった場合も貼り
直しができます。時間の経過とともに粘着力は増し、後はしっかりと貼りつ
きます。
大きさも口紅タイプなので、ペンケースなどにオシャレに携帯して、使いた
いときにサッと取り出しできます。

コクヨ ドットライナースティック 色はピンクとブルーの2色
価格 180円(税抜き) 
走り続ける文具屋 (有)ケイ・エヌ kan0024kn@bca.bai.ne.jp  で
好評販売中!


[PR]
by kannamijohhou | 2014-05-14 12:35 | Comments(0)

毎月走り続ける文具屋さんの「官浪のちょっとお邪魔します~お店紹介~」コーナーで、知り合いの飲食店を紹介しています。
今月は、阪神尼崎の中央五番街にある「チャミのカレー」さんを紹介していますが、
ここのカレーは厳選された素材で作られ、本当に美味しいです。
その中でも『石焼きカレー』は、絶品です。焼きあがったカレーにチーズとたまごを載せて熱いうちにかき混ぜる。どんどんと旨味は増し………旨い!
是非動画をご覧下さい。きっと食べたくなりますよ。
            

[PR]
by kannamijohhou | 2014-05-08 13:02 | Comments(0)

5月3日(土・祝) 武庫川河川敷に於いて
「第22回武庫川ユリカモメウルトラ70Kmマラソン」を
開催しました。今回の申込者は過去最高となる1503名で、
とても手作り大会とは思えないマラソン大会となりました。
この大会は、今から21年前の6月に武庫川SCのメンバー数名が
「自分達が武庫川でウルトラマラソンを走りたい」との思いから
立ち上げ20数名で開催し、翌年の1994年に正式に一般募集をして
全国から102名の参加者を集めて開催した記憶があります。
あれから20年、史上空前のマラソンブームもあり、
約15倍の参加者を集めることができたのは、参加いただいた
ランナーをはじめ、大会の運営にご協力いただいた多くの
関係者のお陰であると心から感謝しています。
f0211218_15090810.jpg
当日は、華々しい大会を印象付けるようないい天気に恵まれ、
約1300名が参加する盛大なマラソン大会となりました。
今回は、過去に二度参加していただいた大平サブローさんが
ゲストランナーとしてお越しいただき、大会に華を添えていただきました。
午前8時30分、大会会長である私の号砲で一斉にスタートし、
70Kmという長丁場のマラソンが始まりました。
f0211218_15205690.jpg
コースは、武庫川河川敷西宮コースの山手幹線付近を下流に向け
スタートし、国道2号箋の南を折り返し、再び上流へ進み
阪急電車、国道171号線、新幹線、報徳岩塩前を過ぎた先で折り返し
スタート地点に戻る10Kmのコースを7周するというコースです。
f0211218_15215661.jpg
天気は素晴らしかったのですが、良すぎて気温がかなり
上昇し、また昼過ぎからは突風による砂嵐になるなど、
ランナーにとっては辛い天候でした。

途中には近くの啓明中学の吹奏楽部の演奏、そして
武庫川SCのジャズバンド「クーマーズ」による
スタンダードジャズの演奏でランナーを応援してくれた。
暑さのあまり周回の早い段階からリタイアするランナーも
目立ちましたが、午後1時過ぎから続々とゴールが続き、
午後5時に大会は終了となりました。
大きな事故、アクシデントもなく無事終えることができました。
完走されたランナーの方々、惜しくも完走ならなかった
ランナーの方々、みんな精一杯がんばりました。
参加されたランナーの方々全員に大きな拍手を贈ります。
そして、大会にご協力いただいたたくさんの方々に、
心よりのお礼を申し上げます。
来年、また武庫川でお会いしましょう!




[PR]
by kannamijohhou | 2014-05-06 15:37 | Comments(0)

ステッドラー社から発売の固形油性蛍光マーカー
「テキストサーファーゲル」は、クレヨン感覚の蛍光マーカーです。
油性なので、インクジェットプリンタで印刷したての書類にも
くっきりとマーキングすることができます。
本来は蛍光ペンとして使用しているのですが、幼少期を思い出して
ぬり絵をしていたら、あらあら楽しい! 何とも言えないこの感触!
思わず楽しすぎて夢中になりました。動画をご覧下さい。

           


[PR]
by kannamijohhou | 2014-05-01 14:17 | Comments(0)