f0211218_1248497.jpg

文部科学省では、毎年地域または職場におけるスポーツの健全な普及および発展に貢献し、地域におけるスポーツの振興に顕著な成果をあげたスポーツ団体に「生涯スポーツ優良団体賞」として表彰されています。
先日、平成25年度のこの生涯スポーツ優良賞が発表され、133団体が受賞されました。受賞団体は卓球、剣道、テニス、スキー等さまざまです。その中で、わが武庫川スポーツクラブと友好団体である「吹田ヘルス」さんが表彰を受けられました。
吹田ヘルスさんは、地域密着のランニング愛好会で、毎週ランニング練習会を開催され、また吹田市の陸上競技大会にも審判として協力されたり、地域のランニング練習会に指導員を派遣し、吹田市のスポーツ振興に貢献されています。その日々の活動が評価されての表彰だと思います。
代表の石井さん夫妻をはじめ、メンバーの方々の努力の賜でしょうね。
そして代表の石井は大阪スポーツ賞(体育功労賞)も受賞されました。
吹田ヘルスさん、石井さん表彰おめでとうございます。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-29 13:07 | Comments(0)

f0211218_139418.jpg

27日、「みんなでかける虹」を合言葉に開催された2013年大阪マラソンの応援に行ってきました。
この大会には、第1回、第2回と、運よく2回も当選し走る事ができましたが、今回は抽選に外れたので、
ランナーの応援に駆けつけました。
1万人のボランティアに支えられ、3万人が大阪の街を駆け抜けるビッグマラソン大会で、沿道には100万人を越える応援の観衆が駆けつけ、大阪の街はマラソン一色になったように感じました。
f0211218_1318362.jpg

淀屋橋から北浜にかけての沿道で応援。
車イスランナーに続いてフルマラソンのトップランナーがやってきました。
やはり招待ランナーや外国人ランナーは、足の運びが一般ランナーとは違うことを実感しました。
招待ランナーに続いて一般市民ランナーのトップ軍団が通過し、知っている顔もチラホラ。
その後は、ランナーが来るわ来るわ・・・・ ほぼ一列に走っていた列が30分ほど経つと、広い道路いっぱいに広がる壮大な風景と変わりました。色とりどりのウェアに包まれたランナーの群れは鮮やかでした。
f0211218_13265643.jpg

そこから中央公会堂に移動して、再び応援しました。
20年ほど前のマラソン風景は、さえない中年のおじさんの集まり、という雰囲気だったのが、
東京マラソンが行われたのちはマラソンブームが到来し、
マラソンを趣味とする若い世代の人々が増えたました。
若い女性ランナーも多く、しかも美人ランナーが増えたことも嬉しい限りです。
中央公会堂前でランナーにハイタッチしていましたが、走る若いランナーから大きなエネルギーをもらいました。
制限時間が7時間というこの大会は、ゆっくりランナーにとっては嬉しいことです。
自己ベストを更新した人やサブスリーを達成したスピードランナーをはじめ、マイペースを守りゆっくりと楽しんだランナー、思わず笑いの出る思い思いの仮装で、観衆を楽しませてくれたランナー・・・・・・
素晴らしい秋晴れの中、3万人が3万通りの目的で臨んだフルマラソン。
走ることも楽しいけれど、ひたむきに走るランナーを応援することも楽しいな、と感じた一日でした。
f0211218_13401494.jpg

[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-28 13:43 | Comments(0)

f0211218_12412912.jpg

片手で楽々と貼れる!
世界初ともいえるクリアーテープが素早く貼れるテープカッターが誕生。
待望のハンディテープカッター『ハリマウス』が来月から発売となりました。
引いて貼れ、放せば切れる。片手で貼れて貼り終わると自動でテープはカットされる、
という優れもの文房具です。
今までのテープカッターは、テープを延ばし切ってから貼る、という方式でしたが、
この発想を転換し、貼ってから切るという方式になった画期的な商品です。
f0211218_12491537.jpg

封筒貼り、領収書や資料の整理、商品の包装など事務作業には「貼る」作業がつきものですね。
そんな「貼る」作業に大活躍するのがこの『ハリマウス』です。
貼りたい部分に思い通りの長さで貼れるので、無駄はありません。
また、テープに直接触れることがないので、清潔かつ衛生的です。大事な商品の包装には最適です。
実際に使ってみましたが、スイスイと貼ることができ、テープの切れ味も最高です。
今までにも、「テープ・デ・グー」や「レスカット・ハンディ」などの類似商品があり、お気に入りでしたが、
この「ハリマウス」は、これらのテープカッターと違い、いとも簡単にテープ貼りができ、何と言っても
切れ味が違います。
これは、刃が二枚刃を組み合わせて三角形のV字形になっていることがこの商品の特徴です。
そして、サイズもハンディサイズで片手で簡単に使え、ポケットや引き出しに保管することができます。
11月からの発売となりそうですが、これは大ヒット文房具になる予感がします。
テープは市販のメンディングテープ、クリアテープの12mm小巻タイプが使用できます。
価格はオープン価格ですが、700円程度の販売価格になります。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-24 13:06 | Comments(0)

f0211218_17212991.jpg

19日(土) JR尼崎のホテル「ホップイン」アミングのドナウルームに於いて
「第4回官浪の文具塾」を開催しました。
今回の参加者は8名とちょっと寂しかったですが、その分内容の濃い文具塾になったと思っています。
午後5時に開始し、塾長の私が開講の挨拶をしたのち、すぐに今回の勉強会に移りました。
毎回、各メーカーよりゲストを招いて自社製品の優れた文房具のプレゼンテーションを行ってもらって、
その後参加者みんなで質疑応答等による勉強をしていますが、今回はどのメーカーも都合がつかず、
文具ソムリエであります私が、ポールペンの勉強にて講演させていただきました。
f0211218_17274015.jpg

ボールペンの歴史に始まり、ボールペンの種類などの説明、そしてボールペンのしくみを手書きのイラスト
を使って解説しました。
ボールペンの持ち方や正しい筆記方法、上向き筆記するとどうなる?などの話、そして最近登場した
上向き筆記ができる「加圧ボールペン」の謎に迫りました。トンボ鉛筆と三菱鉛筆から発売の2方式の
加圧ボールペンの違いの説明・・・・“消えるボールペン"の秘密で締めくくりました。
f0211218_17335298.jpg

勉強会が終了した後は、恒例になった文房具の話題での交流会が始まりました。
今、話題の「端の折れるテープカッター“TUMAM de HAL"」の紹介や、参加者の文具卸社の営業マンから
はさみ変え不要のしおり「スワンタッチ」などの紹介もあり、みんなで試しました。
乾~杯で始まった交流会では、ユニークな自己紹介や文具知識クイズ大会などで盛り上がりました。
今回も30分延長して、3時間にわたる文具塾は、終了となりました。
文房具は誰でも普段手にする身近なものですが、なかなか奥の深い世界でもあります。
文具に興味のあるないにかかわらず、是非一度参加してみて下さい。
楽しい仲間で、楽しい文具談議に花が咲くことは間違いありません。
次回の第5回は、来年の1月末の土曜日を予定しています。たくさんのご参加をお待ちしています。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-21 17:49 | Comments(0)

今回はすでにお馴染みの方も多いかと思いますが、
PILOTさんが製造している『フリクションボール』という
『消すことができるボールペン』の紹介です。

フリクションボールの存在を既に知っていたり、実際に利用されている方は多いと思いますが、『何故消えるのか?』について意外と知らない方が多いのではないでしょうか。

今回は、湯呑を使ってこの謎に迫りました。
動画を是非、ご覧下さい。


[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-16 17:36 | Comments(0)

f0211218_13102932.jpg

体育の日であった昨日(14日)、武庫川スポーツクラブ・マラニック部主催で開催された「竹田城跡マラニック」に参加しました。
竹田城跡は、“日本のマチュピチュ"と称される天空の城で、映画「あなたへ」のロケ地ともなったことから空前の竹田城跡ブームとなっています。
この竹田城跡は2年前に一度マラニックしているコースですが、好評だったため2回目の開催となりました。
前の時は、まだ今のように“竹田城ブーム"になっていないときだったので、観光客も少なかったのですが、今では、遠方からも観光バスや自家用車で押し寄せ、大変な賑わいでした。この10月からは入山料(300円)を徴収することになりましたが、その後も多くの観光客が訪れているようです。
f0211218_13184888.jpg

f0211218_13323851.jpg

今回の参加者は33名。マイクロバスと1台の自家用車で向かいました。
午前9時にマイクロバスで宝塚を出発し、10時40分頃に山東IC経由で「よふど温泉」に到着。
ストレッチ後、スタートしまずは竹田駅までのランニングです。5Kmほどで竹田駅に到着し、少し移動して竹田小学校付近からの登山道を登ります。竹田城跡は353.7mの山の頂上にあり、この登山道は結構急な斜面を登ります。20分程度で竹田城跡に到着し、しばらくの見学です。
f0211218_13254518.jpg

テレビや写真でみる、日本のマチュピチュと言われる雲海に浮かぶ天空の城の風景は年に何回かしか見ることができない、またこの現象を見るには夜明け前にしか見られないそうです。
実際に上ってみるよりも、下から見上げる風景のほうがよさそうです。
下山後、俵米橋から円山川に沿って中野橋まで走り、そこから朝来山の周りを包むように進み、伊由峠までを上り、そこからは急な下り坂を与布土まで下り、朝出発した「よふど温泉」にゴールとなりました。
走行距離約24Km。秋からのマラソンのいい練習になりました。
マラニックの疲れを温泉で癒し、美味しいビールで乾杯した後、帰路につきました。
素晴らしい晴天の中、最高のロケーションの地を訪れ、自然いっぱいの美味しい空気を吸いながらのマラニックとなり、大満足でした。しかし、ちょっと暑かったかな・・・・
[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-15 13:48 | Comments(0)

f0211218_1358737.jpg

4日(金) 大阪市立総合生涯学習センターにて開催された秋竹朋子先生による「ボイストレーニングセミナー」に参加しました。
秋竹朋子先生は、「さんまのホンマでっか!?TV」のコメンテーターとしてテレビでは話題のボイストレーナーです。もともとは声楽家ですので、絶対音感や発声方法を生かした素晴らしいトレーニングセミナーをされています。
セミナーや講演会、プレゼンテーション等、人前で話すことが多くなってきたので、丁度いい機会でのお誘いを受けての出席でした。
アメリカの心理学者メビアンが提唱した「メビアンの法則」によると、講演などで話をする場合に聴いている人が何を判断にするかといえば、見た目や表情などが55%、声の質や速さ、大きさ、口調が38%、そして何と話す言葉の内容は7%ということが書かれています。いかに声が重要なものかがよく分かります。
「声が小さい」「声がこもって聞き取りにくい」「滑舌が悪い」などでお悩みの方も多いと思います。
それらは全てこのボイストレーニングをすれば、改善されるそうです。
f0211218_14111715.jpg

セミナーでは、腹式呼吸法、発声法、滑舌練習を中心にした実践トレーニングです。今までこのようなことに意識もしていなかったので、とてもいいトレーニングだと思います。
普段のセミナーは長く感じますが、この1時間30分のトレーニングセミナーは、まったくの体験型セミナーなので、あっという間に終了になった感じがします。それと同時に体もクタクタになりました。
「秋竹朋子の声トレ」という本には、この時に教わったトレーニングの方法が記されているので、この本を片手に毎日ボイストレーニングを行い、「モテ声」の話し方で、今後の講演活動に生かしたいと思っています。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-09 14:23 | Comments(0)

f0211218_13191684.jpg

10月5日~6日の日程でフル百回楽走会の「第20回尼崎武庫川定期総会」&総会記念武庫川月例マラソンを開催しました。
f0211218_13213728.jpg

5日(土)全国各地から参加したメンバーのための「半日神戸観光」を行い、私が引率しました。
まずは、元町に着き、三ノ宮一貫楼本店で昼食をとりました。
ランチタイムで、ちゃんぽんセットと五目そばセットの2種類からみんなに選択してもらいました。
写真は五目そば+ミニ炒飯のセットです。五目そばは具だくさんで汁はあっさり目で実に美味い!炒飯もべたつき感がなくカラッと炒められていて、さすが名店の中華飯店、と関心しました。
f0211218_13275812.jpg

f0211218_13281020.jpg

そして、元町から新神戸に移動して、「神戸北野異人館めぐり」です。
神戸開港とともに日本に来た外国人が住んでいた洋館が、今でも美しい館として残る異人館。
うろこの館、うろこ美術館や風見鶏の館、山手八番館、英国館などを見学し、異人の気分を味わうことができました。あまり時間がなかったので、今回はこの異人館めぐりのみの観光となりました。
f0211218_13353682.jpg

そして、総会が開催される尼崎へ阪神電車で移動。4時半に都ホテルニューアルカイックに到着しました。
f0211218_13435087.jpg

f0211218_1344647.jpg

f0211218_1346913.jpg

午後6時30分から3F鳳凰南の間にて「第20回尼崎武庫川定期総会」が開催され、薮田会長の挨拶に続き、私が全国から出席いただいたメンバーの方々に歓迎の挨拶をしました。その後、総会の検討議事は全て可決され終了。そこからは全国交流会の始まりです。先日女性で日本で初のフルマラソン1000回完走を達成された福岡県の迫田法子さんの紹介をはじめ7名で乾杯の挨拶となりました。
久しぶりに会うメンバー同士の楽しい会話で会場は和やかな雰囲気が漂っていました。午後8時30分に集合写真で閉会となりました。
f0211218_13454919.jpg

翌日の6日(日)、快晴となった武庫川河川敷で「総会記念武庫川月例マラソン」を開催し、46名の会員がフルマラソンに挑みましたが、季節はずれの真夏日となったために、種目変更するランナーが続出し、早々と泡の出るドリンクを飲み干す輪が広がっていました。午後4時全てのランナーがゴールし、約20名の方々は、3日目のオプションツアーである有馬温泉、六甲山登山に向けて出発されました。
この定期総会は、毎年全国各地で開催しています。ここ武庫川での開催は今回が3回目となりました。全国から参加された方々、本当にありがとうございました。来年はハワイ・ホノルルでの開催となります。そのいいステップになったような気分で嬉しく思います。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-07 14:02 | Comments(0)

f0211218_12264784.jpg

快晴の秋晴れに恵まれた28日(土)、29日(日)に連日でイベントを開催しました。
28日(土)は、第45回六甲マリンパークマラソンで、大阪マラソンや神戸マラソン前とあって練習のために参加するランナーが多く46名の参加によって開催することができました。
コースは六甲アイランドの遊歩道を周回するコースなのですが、一部橋梁工事中なので、1周することができないので、半周の折り返し(5Km)のコースで開催しました。
朝晩は涼しくなったのですが、昼間は太陽の陽射しがまだまだきつく、10時過ぎにはかなり暑い中でのマラソンとなり、暑さにギブアップするランナーも見られました。
そんな中、フルマラソンを6名が完走し、1名は60Kmを走り切りました。(これはすごい!)
次回は12月14日(土)の開催で、この時も今回と同じコースになりそうです。
f0211218_12381497.jpg

そして、翌日(29日)は武庫川スポーツクラブ主催の「第19回武庫川くすのき駅伝大会」を開催しました。
今回は168チームの参加で、総勢約1200人というビッグ駅伝大会となりました。
武庫川は、先日の台風18号の影響により増水し、阪神電車以南の河川敷はランニングをできる状態ではない荒れ方で、急遽スタート・ゴール地点を旧国道から300m北の地点に移動しての開催となりました。
f0211218_1244236.jpg

午前10時に167チーム(1チーム棄権)の一区のランナーが一斉にスタート。
華やかなランニングウェアに包まれたランナー、ランパン、ランシャツで自己ベストを目指すチームそして仮装の衣装を身に着け、楽しんでタスキリレーするチーム・・・・・・
12時過ぎには全チームが元気にゴールすることができました。
f0211218_12491144.jpg

写真上は、小学生でチームを作り、タスキを繋いだチームです。
f0211218_12502212.jpg

写真上は、今年大ブレークしたNHKテレビの朝ドラ「あまちゃん」の“北の海女ちゃん"の衣装で走り、仮装賞を獲得したチームですが、終了後に撮影したので、ほとんどのランナーが着替えを済ませていて、少し残念でした。
この駅伝は、スピードを競うチームや職場のチーム、楽しいRUN友チーム、仮装をしながらひたすら楽しむチームと様々ですが、それぞれのチームがうまく融合し、終了後はみんなで楽しく食事をしながら交流が図れる素晴らしい駅伝大会に成長した気がします。また、来年駅伝でお会いしましょう!
[PR]
by kannamijohhou | 2013-10-01 13:00 | Comments(0)