f0211218_17542499.jpg

以前にも書きました高級爪きりの話です。
皆さんの家にもころがっている「爪切り」あんまり意識はしてないですよね。
今、アメリカのアマゾンで売れているもののひとつにこの爪切り『Seki Edge』があります。日本を代表する刃物の町・関市で作られているからSekiという名前が付いているのだそうです。
刃は厳選したステンレス刃物を使用し、高硬度焼入れと二度刃付け技術により耐久性に優れています。
また、熟練職人による最終仕上げという「匠の技」を生かした高級爪切りです。
使ってみれば一目瞭然ですが、安定感がありグラグラしない、切れ味の良さに感激すること間違いなしです。
先日、ゴルフコンペの賞品に使いましたが、好評でした。どうしても爪切りは購入するものではなく、記念品や粗品でもらうもの、という感覚があります。あなた好みの高級爪切りを購入し、ポケットに忍ばせるというのはいかがですか? 大人のオシャレを味わいましょう。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-03-29 17:58 | Comments(0)

f0211218_1741204.jpg
トレードマークの赤い帽子をかぶり、大きなつぶらな瞳で流し目をしている可愛い動物キャラクター。それは、フエキ糊から発売されている「どうぶつのり」です。1975年に幼児用ののりとして発売されましたが、子供のみならず大人にも人気を得て、38年経った現在も再ブレイクしています。
f0211218_1744924.jpg

そのどうぶつのりの「フエキ君」のグッズショップ『フエキマルシェ』が、JR天王寺駅コンコース内に3月1日にオープンしました。4月9日までの期間限定だそうです。
このマルシェでは、フエキ君の容器に入ったプリンやクリーム、キャンディなどが多数販売されています。
また、フエキグッズのリップクリームやクリアーホルダー、そして何とレトルトカレーまで陳列されています。
文具界からは大きく外れていますが、このような文具から生まれたキャラクターグッズが話題を呼んでいるのは面白いことですね。
しかし、糊が入っている容器でプリンを食べるのは、微妙な気分なのは私だけでしょうか?
[PR]
by kannamijohhou | 2013-03-25 17:48 | Comments(0)

f0211218_13583818.jpg

先週の土曜日(16日) LMC関西の第7回合同練習会を武庫川河川敷に於いて開催しました。
LMC関西は会の主旨に賛同していただける阪神間の走友会が協力して運営するランニング団体です。
現在は、吹田ヘルス、豊中グリーンクラブ、武庫川スポーツクラブ、芦屋浜アスリートクラブ、チーム蟻ぎりすの5走友会が所属しています。この5団体持ち回りで練習会を行うことになっています。各走友会のホームコースでそれぞれの形での練習会となりますので、ランニングコースも様々で普段走ることがない場所で練習を楽しむことができ、好評です。
今回は武庫川スポーツクラブ主体による武庫川河川敷を使った練習会でした。昨年の11月にこの練習会を予定していましたが、当日の大雨でこの日に延期となりました。今回は晴天でやや風は冷たいものの、絶好のランニング日和となりました。参加者は5走友会をはじめ一般ランナーも含めて60名。10時から開会式、練習説明、準備体操ののち、全員で2Kmのウォーミングアップを行い、10時45分からレペテーション走とファンランチームに分かれての練習会を始めました。
レペテーション走とは、心肺機能強化トレーニングです。インターバル走のようにジョグやウォークでつなぐ不完全休息方法とは異なり、レペ走は走った後、完全に休息し再び走るという完全休息を取るトレーニングです。今回は2000m×5本を実施しました。15分毎にスタートするもので、2000mを10分で走ると5分の休息ということになります。4本目が一番しんどいですかね。
f0211218_14123823.jpg

そして、12時過ぎに練習会は終了し、12時半頃から弁当やビールによる昼食&交流会を行いました。
交流会では各走友会の紹介やPRで和やかにランナー同士の交流も見られました。
次回は芦屋浜コースでの第8回合同練習会を予定しています。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-03-19 14:17 | Comments(0)

思えば歴史を感じる!
 5つの『のり』をご紹介
!!

昔、人はモノとモノをくっつけるのに「ニカワ」を使っていました。
「ニカワ」とは動物の皮や骨をお湯で煮てできる、粘り気のある液体を乾燥させたものです。それを水やお湯で溶かしてのりの代わりに使っていたようです。その後日本ではご飯つぶをへらで練ったものを使用するようになりました。小さい頃、ちょっと紙をくっつけるのにご飯つぶで付けていた経験がある方も多いと思います。江戸時代にはのりが普及しましたが、米から作ったのりは、すぐ腐って保存できない難点がありました。
その後、ドイツののりをヒントに研究を重ね、防腐剤、香料を使った腐らないでんぷん糊「不易糊」が1896年に、「ヤマト糊」が1899年に誕生しました。
f0211218_17283178.jpg

現行のチューブ入りのヤマト糊は1956年に発売。フエキ糊からは黄色い顔に赤い帽子のキャラクタープラ容器でお馴染みの「どうぶつのり」も1975年に発売され、35年経った現在も再ブレイクしています。昭和30年代はじめに、石油からできる成分を使用した「合成のり」が誕生。
f0211218_1729174.jpg

ロングセラーの「アラビックヤマト」は塗り口に特殊スポンジキャップを使用し、手を汚さずに貼れることでヒット商品となりました。発売から30年経った今もその人気は変わることなく、液状のりのシェアNo.1をキープしています。
f0211218_17295632.jpg

1970年代には手に付きにくく、紙にしわができにくい固形のり「ピットのり」をトンボ鉛筆から発売、現在コクヨの「プリットのり」とともに一般向けの糊として普及しています。
一方1980年中頃ドイツのペリカン社が「テープのり」を開発し、日本では1997年にトンボ鉛筆から「ピットテープのり」を発売。テープ状になった両面テープが修正テープのように転写されるテープのりは、手軽で使い易いと好評だったが、糊のキレが悪く粘着剤が糸引きするなどの問題もありました。
f0211218_17305538.jpg

そこでコクヨは、粘着のりが面ではなく点で作られた「ドットライナー」を開発し、ヒット文房具となっています。欧米ではテープのりが主流になっているそうです。工作作業や事務作業には欠かせない文房具のひとつである“のり”。これから先どんな糊が誕生するのでしょうか?      
  (取材協力 トンボ鉛筆、ヤマト㈱)
[PR]
by kannamijohhou | 2013-03-18 17:36 | Comments(0)

f0211218_12354832.jpg

尼崎で最も歴史のあった中国飯店「名神飯店」が閉店となり、新たに「尼崎名神ホール ほのか」として先週オープンしました。
6日(水)新ホール披露パーティが開催され、出席しました。葬儀関係の方々、あきんど倶楽部のメンバー等120名ほどが出席されていました。このホールは葬儀のみならず、各種パーティ、集会、寄席、会議等として利用できる多目的ホールとなっています。尼崎市の貴重なコミュニティの場として活用できれば、との思いでオープンされたそうです。
パーティは、このホールの代表である愛真セレモニーの山下社長と、ホールの総支配人になられた王さんの挨拶があり、市会議員の津田さんの乾杯で宴は始まり、楽しく歓談。パーティに登場した回転寿司や天ぷらをその場で揚げてもらい、アツアツを食することができるなど豪華パーティでした。
f0211218_12472566.jpg

そしてお楽しみアトラクションとして、吉本新喜劇の芸人3人が登場し、楽しい話や記念撮影などで大いに盛り上がりました。今後、このホールを大いに活用し尼崎の活性化に繋がれば、いいですね。
「尼崎名神ホール ほのか」オープン おめでとうございます!
[PR]
by kannamijohhou | 2013-03-09 12:53 | Comments(0)

f0211218_1444584.jpg

昨日(3日)ひな祭りのこの日、兵庫県篠山市で開催された「第33回篠山ABCマラソン」に参加しました。
篠山といえば、デカンショ祭り、丹波黒豆、ボタン鍋、丹波焼などで知られている町です。篠山城跡をスタートし、田園風景の中を走る春の風物詩とも言われています。
私の初フルマラソン挑戦は昭和58年の、この第3回大会で5Km以上走ったことがないのに無謀にもチャレンジし、33Km地点で意識不明になり、涙のリタイアとなった思い出があります。
その後、あまりこの大会には参加することが少なく、33回のうち参加は10回目ということになります。
この大会での自己ベストは3時間09分16秒(1994年)ですが、1998年に膝の故障を機に記録を競うマラソンを引退しました。回数を重ねることの楽しむマラソンに切り替えてからは、のんぴりと早春の丹波路を眺めながら走ることを、毎年楽しみにしています。
f0211218_14112197.jpg

今回は、先週走った吉備路マラソンでの足の疲れが取れず、スタートしてすぐに足に痙攣が走り、ほとんどまともに走れませんでしたが、その分ゆっくりと景色を楽しむことができました。
ただ、冷たい風が吹き続け、後半は寒さで身体が固まり、苦しみましたが、何とか完走。
通算246回目のフルマラソン完走となりました。今年の秋には250回を達成することができそうです。
[PR]
by kannamijohhou | 2013-03-04 14:28 | Comments(0)

f0211218_19145079.jpg

事務所や飲食店、工場の洗濯機がない場所で、ちょっとぞうきんやタオル、ふきんなどを洗いたい!
そんなことありませんか? また軍手や靴下などにおい、汚れがひどいものを下洗いしたい、オフィスで雑巾など洗うと手が荒れる・・・ そんな時に活躍するプチランドリー「スウォッシュ」がキングジムから発売されました。
使い方は簡単です。洗濯物と洗剤を入れて、フタを閉めてタイマーをまわすだけでOK!運転が終了したらホースで排水できます。直径約290mm、高さ約440mmとコンパクト設計で、持ち運びも楽々、事務所の片隅に置けます。洗剤・柔軟剤・漂白剤の使用も可能です。
是非、あなたのオフィスにも1台いかがですか? 走り続ける文具屋さんにて好評販売中です。
f0211218_1923496.jpg

[PR]
by kannamijohhou | 2013-03-01 19:24 | Comments(0)