f0211218_1084680.jpg

昨日(29日) 猛暑の中、映画「阪急電車」にちなんで、阪急今津線の「宝塚駅」から「今津駅」までの各駅に立ち寄りながらの約10Kmマラニックを仲間4人で実施しました。
阪急宝塚駅を10時過ぎに出発し、線路に沿って南へ進みます。この地区はホテル「若水」等が並び、温泉街の観光地の雰囲気が漂っています。武庫川を渡ると、日本を代表するクラシックホテルである「宝塚ホテル」が見え、最初の駅「宝塚南口」に到着。観光地はここまでで、ここから「逆瀬川駅」までは閑静な住宅地が広がり、華やかで上品な空気が街を包み込んでいました。逆瀬川からは、対面通行が難しいほど道が狭くなり、
小林までの旧道は、古い街並みでそれなりに風情があります。
f0211218_1081769.jpg

途中にある宝塚神社に寄ってみました。線路沿いの小高い丘の上に立つ宝塚神社はえびす神社としても有名でえべっさんの時期には、賑わうようです。また、この丘からは宝塚市内や大阪市内まで眺望することができ、初日の出のポイントにもなっているそうです。
f0211218_10143463.jpg

そして、「小林駅」から次の駅である「仁川駅」を目指します。仁川というと阪神競馬場で有名ですが、仁川駅構内には通常利用されているホーム以外に降車専用ホームが用意されていて、一風変わった造りの駅です。また、ここは仁川ピクニックセンターや甲山森林公園などの入口となっているため、休日にはハイカーの姿が多く見られます。
そして、「甲東園駅」に向かうと、まさにここは関西学院、仁川学院などで有名な“学園都市”です。武庫川河川敷が仁川学院を経由し、関西学院、甲山森林公園などはよく利用しているマラソン練習コースです。
f0211218_10305035.jpg

甲東園から「門戸厄神駅」までは線路沿いを一直線です。門戸厄神は、厄除けの神様で有名で、毎年必ずここに初詣に来ています。今回門戸厄神には寄らずに通過し、「西宮北口駅」を目指します。西宮北口までの住宅地は阪神大震災の被害がひどかった地域で、ほとんど建て替えられ、新しい街並みに変貌を遂げていました。「西宮北口駅」に到着。阪急今津線の北線はここで終着となっていますが、昔はここから今津駅まで繋がっていました。西宮北口駅で平面軌道交差(ダイヤモンドクロス)されていて、この箇所で「ガッシャーン」となる不思議な線路でしたが、1984年に廃止となり、北線と南線に分かれました。立体交差も検討されていましたが、実現されませんでした。
西宮北口から「阪神国道駅」までは工場街です。阪神国道駅から今津駅は見えるほど近い駅間です。あっという間に終着の「今津駅」に到着し、最終ゴール地点である「やまとの湯」まで徒歩で行き、汗を流した後、かいた汗の10倍ほどのビールで盛り上がりました。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-30 10:33 | Comments(0)

f0211218_14182818.jpg

赤い帽子をかぶり、大きくつぶらな瞳の可愛い動物キャラクターのでんぷんのり。皆さんも必ず一度は手にしたことがあると思います。1975年(昭和50年)にこのどうぶつのりは、幼児用のりとして誕生しました。37年経過した現在でも現役で頑張っています。このどうぶつのりは、何の動物?と思う方も多いでしょうが、「犬」です。眉毛がないし、耳も大きいし、やはり犬でしょうね。もともとは、「犬」「うさぎ」「ぞう」といった種類があったそうですが、それぞれ廃番になって、この「犬」だけが残ったために、「どうぶつのり」と言われているそうです。
こののりは、天然のでんぷんから作成した高品質なでんぷんのりで、紙工作や封筒の封かんなどに幅広く使われています。
後頭部をカッターで切り抜けば、硬貨を入れることができ、貯金箱としても再利用できます。
また、最近ではこのどうぶつのり型のハンドクリームや、プリンもあるみたいです。
フエキ どうぶつ糊 FD6(60g) 84円(税込み)   FD16(160g) 178円(税込み)

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-26 14:19 | Comments(0)

7月度 官浪の「尼崎ぶらり日記」は、
~結婚式・忘年会等の飲み会時、あなたのお帰りをサポートします~
尼崎あきんど倶楽部会員の『絆代行』さんです。
絆代行の小見山 敬行さんにお聞きしました。
f0211218_9441313.jpg

「飲んだら乗るな! 乗るなら飲むな!」
2007年道路交通法改正により、酒酔い運転及び酒気帯び運転の罰則が強化され、厳則化されました。また、飲酒運転による交通事故も多発し、大きな社会問題となっています。ちょっと一杯、その一杯が大きな事故に繋がることを忘れてはなりません。
f0211218_9444875.jpg

結婚式や忘年会、ゴルフ、花見、バーベキューなど車で行きたいけれど、帰りが・・・・そんな時、大活躍してくれるのが運転代行サービスです。『絆代行』は、大阪府公安委員会認定業者で、安心・敏速・安値をモットーに、二種免許を取得したプロドライバーが、あなたのお帰りをサポートしてくれます。平成21年に車1台で開業し、徐々に顧客を増やし現在7台で営業されています。初乗り2Kmまでが2,000円と低料金設定で、外車料金、深夜料金、出張料金が全て0円という利用者にとっては嬉しいサービスです。バーベキュー、結婚式、忘年会等の飲み会時や体調不良、睡眠不足の時等には、是非ご利用下さい。

【会社概要】
 社 名絆代行
 本 社大阪市住之江区南港中5-5-34
 受 付大阪市内  06-6657-4472
大阪市外  06-4980-6683
尼崎エリア 06-6477-7410
 営業時間PM8:00~AM4:00
日曜日PM8:00~AM1:00

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-24 09:46 | Comments(0)

梅雨明け前の猛暑が続く中、あまがさき探訪ランニングのパート2(南部編)を昨日(16日)実施しました。
f0211218_1462631.jpg

武庫之荘から出発し、JR立花駅を通過、七松町にある『七松八幡神社』に到着。この神社はアニメ「忍たま乱太郎」に登場する七松小平太のゆかりの神社として全国からファンがお詣りに来るそうです。
f0211218_14124896.jpg

そしてなにわ熊野神社に立ち寄りました。この神社は、「史跡 伝 難波の海」の宮として応神天皇の旧き御世よりの海の名所といわれています。
熊野神社から南へ進むと2号線を渡ると、尼崎で有名な三和商店街が見えてきました。三和商店街を抜けて、出屋敷駅付近で一休憩した後、貴布禰神社へ。
f0211218_14253958.jpg

f0211218_14255610.jpg

貴布禰神社は全国に多数ありますが、総本宮は京都鞍馬の貴船神社です。降雨、止雨を司り、降った雨を地中に蓄えて適量を湧き出させる働きを司る神社として知られています。また、「尼のきふねさん」の夏祭りではだんじりが繰り出され、だんじりがガチンコでぶつかり合う山あわせが有名で、多くの参詣客で賑わいます。
f0211218_1429127.jpg

そこから少し北へ進み、阪神電車付近に来ると、「尼崎えびす神社」が見えてきました。尼崎のえべっさんとして有名で1月の十日えびすの時は、多くの参拝客でにぎわいます。
f0211218_14345740.jpg

そして、寺町です。尼崎は城下町として栄えていました。その面影を残した建物が連なる寺町。11のお寺が軒を連ね、重要文化財7件など多くの文化財が残されています。
その後、城内の尼崎城界隈を散策した後、築地の天然温泉「戎湯」につかり、疲れた身体を癒すことができました。
f0211218_1437367.jpg

尼崎には、まだまだ歴史を感じることができる多くの名所や史跡が残されています。また次回にその他の名所を巡ってみたいと思っています。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-17 14:40 | Comments(0)

昨日(15日)と今日(16日)の2日間で、尼崎市の名所史跡をランニング゜で巡る「あまがさき探訪ラン」を一人で実施しました。
f0211218_15444744.jpg

昨日は、尼崎市の北部を中心として廻りました。家を出発し、富松神社~そして塚口駅に出てから、菰樽製造で有名な「岸本吉二商店」の前を通過して、塚口神社へ。そして、JR塚口駅を経て、近松ロードを走りました。
この地区は、歴史と文化がふれあい町です。この近松ロードの少し南に茅葺古民家料理でお馴染みの「ひろ田」さん(写真下)がありました。尼崎では珍しい(ここしかない?)茅葺古民家の料亭で有名で、3~4回お世話になりました。庭がとてもきれいで、スローフードが楽しめます。
f0211218_1550618.jpg

そこから少し走ると、近松公園に着きました。近松門左衛門ゆかりの資料が展示された「近松記念館」や、四季折々の景色が楽しめる日本庭園の「近松公園」、そしてすぐ隣に近松の墓がある「廣済寺」などがあります。
そして、そこから園田方面に向かい、園田競馬場を経て、田能遺跡へ。数多くの弥生時代の土器や石器など貴重な遺物を出土した大集落の遺跡。円形住居や高床倉庫などを復元されています。(写真下)
f0211218_15584195.jpg

その後、四季折々の花が楽しめる農業公園に寄った後、帰路に着きました。
尼崎市は、以前公害の町として有名でしたが、自然いっぱいの素晴らしい名所がたくさん残されています。
普段は自動車で通過している道路の脇や、少し入った路地に今まで見ることのできなかった景色を発見することができました。古い商店街からは、コロッケを揚げる香ばしいにおいや、カレーの香りなどがどこからか漂ってきて子供の時に味わった味覚を思い出させてくれました。また、住宅地を走っていると、学生時代に電気店のアルバイトで、楽しくて辛かった訪問販売のことが甦ってきました。いろんな景色を見ながらゆっくりとひとりで走ることにより、いろんな記憶が甦ったり、また新しいアイデアが浮かんだりするものです。たまには、こんな走りもいいもんですね。
あまがさき探訪パート2(南部編)は、明日投稿致します。お楽しみに!!

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-16 16:14 | Comments(0)

f0211218_1838943.jpg

スマートフォンが随分と普及してきましたね。
そのスマートフォンを、家や職場で置いておくのに便利な「スマートフォンスタンド」を只今好評販売中です。
折りたたみ式で、コンパクト!そして持ち運びに便利です。また、ギフトとしても最適で、厚さ3.5mmなのでメール便で送れるのも嬉しいです。
もちろん、スタンドの表面に社名名入れ、またはシール対応もできます。お気軽にお問合せ下さい。
現在ケイ・エヌにて、178円(税込み)で販売中!

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-10 18:39 | Comments(0)

f0211218_13464593.jpg

夏の恒例行事となった、あまがさき食の研究会主催による「生ビールと食のつどい」が、昨日都ホテルニューアルカイックに於いて開催され、行ってきました。毎年この会を楽しみにしています。今回が5回目の参加です。例年この梅雨時期ではありますが、いい天気の中、屋外ビアガーデンで開催されるのですが、今年はあいにくの雨降りによって、屋内での開催となりました。参加者は約200名で、食の研究会のメンバーの方々がスタッフとして、いろいろと準備等で活躍されていました。
午後6時に開始となり、会長、来賓挨拶に続き、乾杯となりました。(と言っても既にみんなガブガブ飲んでましたが・・・) 少しの歓談後、ステージでスペシャルライブの始まり~
フラダンスユニットによるフラダンスの踊りを披露し、ハワイの雰囲気を少し味わいました。そして、特別ゲストの「花※花」のライブで会場は盛り上がりました。花※花さんは、インディーズ時代、尼崎市名神町のライブハウス「ブラントン」を中心に活動されていたそうです。その後の2007年に「あ~よかった-setagaya mix-」でメジャーデビューとなり大ブレークしました。そんな花※花のスペシャルライブを楽しみました。
f0211218_13465877.jpg

その後、食の研究会メンバーさん提供のお食事券や商品券、天ぷらセット、タイガースカレーなどが必ず当る抽選会が行われ、これまた大盛りでした。キリン生ビール飲み放題、そしてその他のカクテルも飲み放題、そして多彩な料理も用意されていて、大満足の2時間半でした。来年は、いい天気の中、汗をかきながら生ビールで乾杯といきたいものです。食の研究会の皆様、大変お世話になりました。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-07 13:54 | Comments(0)

f0211218_9585969.jpg

f0211218_9591449.jpg

今年で23回目を数える「国際文具・紙製品展(ISOT)が、東京ビッグサイトに於いて開催されています。昨日、行ってきました。過去に2回行ってますが、久しぶりです。今回のISOTには世界25カ国からの出展を含めて約800社というビッグな見本市です。開場の10時前に会場に着き、10時丁度に入り、午後5時過ぎまでの7時間にわたり見てきました。最初は、デビカ、キングジム、リヒトラブ、ヒサゴ、カール事務機、レイメイ等の普段取り扱っている商品の説明を受け、その後同時開催の「販促EXPO」のノベルティグッズゾーン、店舗向けPOPゾーン等の各社を廻ったところで既に午後1時になっていました。その後、簡単に昼ごはんをすませてから、再び文具展に戻り、オフィス器器ゾーン、オフィス家具ゾーン、和文具・和紙ゾーン、デザインステーショナリーゾーンと見ましたが、とても1日では見切られません。
4日に行われた2012年日本文具大賞グランプリ決定!の展示コーナーには人が群がっていました。その他、カール事務機から新発売の「切り取~る」のコーナーなどに人が集まっていました。年々出展企業が減少傾向にありますが、話題の文具製品を開発しているパイロット、プラス、コクヨ、三菱鉛筆、サンスター文具等の会社の出展がないのが、少し寂しいですね。また、今回文具大賞の機能部門でグランプリに輝いた「Premium C.D.NOTEBOOK」のアピカ社の出展コーナーが無かったのも残念でした。しかしながら、さすが国際文具展とあって、出展メーカーの力の入れ方がよくわかり、新商品の説明員のプレゼンテーション能力の高さは、大変勉強になりました。出展各社の新製品名、アイデア商品等を使って今日からの営業活動に役立てていきたいと思います。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-06 10:03 | Comments(0)

今年も早や半年が過ぎ、7月に突入しました。梅雨が明ければ夏本番ですが、今年は節電で大変な夏になりそうですね。
f0211218_18122129.jpg

さて、7月度の「文具ソムリエの部屋」の文具情報では、マウス型カッター「Line」を紹介しています。このカッターは、形状はユニークなマウス型で、ボタンを押しながら切りたい形状に滑らせると、直線や曲線まで自由自在にカットすることができる優れものです。雑誌や新聞の切り抜きやスクラップブッキングでいろんな形状に切り抜きたい時、このカッターが威力を発揮しますよ。長谷川刃物製で1,575円(税込み)です。
f0211218_18124736.jpg

そして、官浪のちょっとお邪魔します「お店紹介」では、尾浜町にある居酒屋さん「風車の郷」を紹介しています。ここの女将は、尼崎が生んだニューハーフシンガーソングライターである悠以さんの母親です。時々、悠以さんもお店に顔を出してくれます。
メニューのおススメは、和牛油かすうどん「風車うどん」です。一度、このお店にも寄って下さい。きっと楽しい話で盛り上がることと思います。
あとしばらくは、憂鬱な梅雨が続きますが、元気出して頑張って乗り越えましょう!!

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-03 18:14 | Comments(0)

沼島マラニックに参加

f0211218_13425019.jpg

沼島(ぬしま)てご存知ですか?淡路島の南東に位置し、紀伊水道の北西部に浮かぶ勾玉形をした小さな島です。国生み伝説神話の島としても知られています。
人口550名余り、島の周囲は9.5Kmというのんびりとした自然豊富な漁業の町です。
その沼島に武庫川SCマラニック部の主催で、マラニックに行ってきました。前日の天気予報では、大雨の予報。案の定、当日朝はザーザー降りの天候で、どんなマラニックになるやら心配していましたが、みんなの日頃の行いが良いということもあって、淡路島に着く頃には青空が広がってきました。マイクロバスで宝塚を出発し、明石海峡大橋を渡り淡路島入り、西淡三原ICから土生港へ。土生港から沼島汽船で沼島まで渡ります。
約10分の船旅です。沼島港に到着し、昼食場所である漁師のお店「あさやま」に荷物を預けて、島1周(約8Km)のマラニックの始まりです。
f0211218_13432757.jpg

海岸線を走るコースは、アップダウンが厳しく、8Kmといえども結構きつかったです。途中、沼島灯台や南淡路八景、上立神岩を見学して沼島海水浴場に到着。
f0211218_13435573.jpg

そして、いよいよ今回のお楽しみである鱧料理を漁師料理店「あさやま」で頂きました。新鮮な鱧の子、鱧の刺身、鱧天ぷら、どれも最高に美味しかったです。やはり本場で食べる鱧はいいもんですね。
初めての沼島でしたが、存分に楽しむことができました。機会があれば、是非また訪れたい島です。
f0211218_13514142.jpg

[PR]
by kannamijohhou | 2012-07-02 13:54 | Comments(0)