f0211218_9482086.jpg

f0211218_9444120.jpg

5月26日(土) 尼崎市のホテル「ホップイン」アミングに於いて「武庫川スポーツクラブ創立30周年記念祝賀会」を開催しました。1982年に創設者大道孝さんらが中心となって、スポーツによる健康作りを目的に武庫川スポーツクラブは設立されました。1989年に組織化され初代会長に提勲氏が選出され、その後1992年に2代目会長・高瀬實氏が誕生し、15年に亘って会長として組織の礎を築きあげられました。2008年に3代目会長として私が選出され、現在に至っています。この30年間にはいろんな楽しいこと、辛かったこと・・・ありました。阪神大震災、台風23号直撃、仲間との別れなどなどを乗り越え、この30周年を迎えることができたことは、嬉しい限りです。
f0211218_9484416.jpg

 祝賀会は、午後1時にクラブ員の山田美由紀さんの司会で始まり、高瀬名誉会長、会長挨拶と続き、クラブを支えた3名の方々への感謝状の授与式、来賓紹介・挨拶、そしてユニバーシアード神戸大会の金メダリストである深尾真美さんによる乾杯で一部は締めくくりました。
 その後、30年史スライドショーでは懐かしい顔ぶれが映し出されました。第2部は、一転して楽しいアトラクションの始まり~ 熊バンドの演奏、クラブ員4組による紅白歌合戦も披露され、武庫川MKBでは会場は大盛り上がりでした。
f0211218_9491816.jpg

f0211218_9493888.jpg

そして、2部の司会を務めていただいた尼崎を代表するニューハーフシンガーソングランター・悠以さんのコンサート。プレゼント交換の後、全員で阿波踊り、最後は万歳三唱でお開きとなりました。
 次は40周年に向かって、クラブ員一丸となり全員参加を目標に、市民マラソンランナーの普及と社会貢献に努めていきます。  「武庫川スポーツクラブは永遠に不滅だ!」 
f0211218_950144.jpg

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-28 09:53 | Comments(0)

f0211218_13382421.jpg

厳選した丹波大豆と良質の油だけを使用し、一枚一枚丁寧に仕上げた油揚げ「六甲あげ」が今ネットの世界で話題になっています。昨年商品化されてから、累計販売枚数は2万枚を突破する勢いらしいです。この「六甲あげ」は、お味噌汁、うどん、鍋などにバリバリ割って入れるだけの簡単さ。余分な水分を抜き、味を凝縮させているので、大豆の旨味が出汁に広がります。
先日、京都亀岡市で「六甲あげ」を販売されている尼崎市在住の岡本千英さんと知り合いになり、近くの居酒屋さんで商談後、味噌汁に入れて煮込んでもらいました。じゅわ~という食感と口いっぱいに広がる大豆の旨味に感激しました。「これは美味い!」ということで、走り続ける文具屋で取り扱うことにさせてもらいました。この商品は常温で3ヶ月と日持ちするので、まとめ買いもOKです。
なお、「六甲あげ」のネーミングですが、亀岡と尼崎をつなぐ架け橋になってほしいという思いと阪神タイガースへの想いからつけたそうですが、多分岡本さんが阪神ファンだったからでしょうね。
京都亀岡・こぞう村 六甲あげ(約10cm×10cm 2枚入り)を140円(税込み)で好評販売中です。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-25 13:54 | Comments(0)

セロテープ貼りの失敗を解消できます!
f0211218_1754503.jpg

書類の貼り付けやラッピング作業、封筒貼り等の作業に欠かせないのが、テープカッターですね。このテープカッターは卓上型、ハンディ型がありますが、全て「切ってから貼る」というのが常識でした。しかし、この作業は手にテープがくっついたり、指紋が付着したりした経験ありませんか?また、封筒貼りの場合、適当な長さにカットした筈が長過ぎたり、短かったり、そして貼る場合も真っ直ぐに貼れずに歪んだり、テープがねじれたり・・・・そんな失敗はみんな経験していることと思います。
そこで誕生したのが、「テープ・デ・グー」 。このテープカッターは、今でのテープカッターの発想転換させたもので、「切ってから貼る」⇒「貼ってから切る」ものです。テープを貼ってから切りたい長さで楽々カットできる。
いわゆる修正テープやテープのりと同じ使い方です。従って片手で作業ができ、今まで苦労していた直線貼りも簡単にできます。テープの無駄が省け、綺麗に仕上がります。
私も早速使ってみました。最初は少し感覚がつかめなかったけれど、慣れると簡単ラクラクです。これはヒット文房具になる予感がします。皆さんも是非一度お試し下さい。走り続ける文具屋にて好評販売中!オープン価格でケイ・エヌ価格 1,380円(税込み)です。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-24 17:57 | Comments(0)

19日(土) 吹田市総合運動場のトラックに於いて、「第5回LMC関西合同練習会」を開催しました。この練習会は、関西の走友会がチームの枠を越えて合同で開催する練習会で、今回が5回目となりました。
第1回は吹田市の北千里公園、第2回が豊中市の服部緑地公園で、第3回は尼崎市の武庫川河川敷コース、そして第4回は芦屋市の芦屋浜ランニングコースにて開催しました。今回は、吹田ヘルスさんと吹田カメの子会さん共催による練習会となりました。参加者は87名で様々な走友会のメンバーが混ざっての練習です。
f0211218_12593195.jpg

午前9時から受付を開始し、9時30分から開会式、練習説明につづき準備体操、ウォーミングアップ2000m。そこから走力別に5グループに分かれて、1000mのインターバル×5本、そして30分間のコントロール走を行いました。久しぶりの少しハードな内容で、とてもいい練習になりました。やはり、競技場で走るのは気持ちいいですね。個人的には400mのトラックが昔よりも長~く感じました。(笑)
f0211218_12595841.jpg

練習会は11時30分に終了し、シャワー、着替え後の12時15分頃から近くの公園で60名が参加し交流会を行いました。各走友会の紹介やPRで盛り上がりました。次回は9月に服部陸上競技場(予定)にて開催します。老若男女、走力は全く問いませんので、どなたでもお気軽にご参加下さい。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-22 13:05 | Comments(0)

f0211218_18778.jpg

上の写真は、あきんど倶楽部小見山さんの写真をシェアさせていただきました。
尼崎あきんど倶楽部の恒例行事になっている「会員家族交流・バーベキュー大会」が昨日、甲子園海浜公園にて開催されました。今年で3回目の参加で、毎年楽しみにしています。今年は、武庫川SCの月例マラソンと重なったため、午前7時に家を出発し、武庫川河川敷で月例マラソンの設営・受付を手伝ってから、9時に武庫川が出発し、甲子園浜までランニングで参加しました。軽く汗をかいたほうが生ビールが美味しいかな、という単純な発想です。10時前に会場に着くと、すでに交流委員会のメンバーが仕込み、野菜切りなどに精を出されていたので、野菜洗い、切りのお手伝いをさせてもらいました。10時過ぎにバスで参加メンバーが到着し、すぐに開会。肉などの食材、野菜、おにぎり、生ビール、ワイン、チューハイ・・・・さすがにあきんど倶楽部です。プロ集団らしく、食材も豊富で美味しい!アウトドアの名人、プロの料理人、プロの食材、プロの文具屋(これは要らんか?)みんなで楽しく焼いて、飲んで、喋って、寝て等、本当に楽しい一日となりました。
f0211218_1884329.jpg

天気も終始曇り空で絶好のBBQ日和でした。今回は、牛乳パックにパンとウインナー等を詰めてパックごと蒸し焼きするホットドッグが好評でした。
3時頃に終了し、みんなで片づけし、バスで極楽湯へ。極楽湯で汗を流して、再びビールで乾杯しましたが、さすがに食べ過ぎで、そんなに食は進みませんでした。夜中の1時から場所取りをしていただいた交流委員会のメンバーの方々、ありがとうございました。また、来年を楽しみにしています。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-21 18:10 | Comments(0)

昨日(16日) 尼崎商工会議所に於いて「5月度尼崎商人塾」が開催され、参加しました。今月は、私と同じ業界のオフィス総合商社・日興商会の藤縄代表取締役社長の講演でした。日興商会さんといえば、文具・事務用品小売業としては日本一の規模を誇る業界NO.1企業です。社員数は700名程度、支店は21支店にも上る規模を持ち、広くは東京にも進出されています。
藤縄社長から社名の由来や企業理念、経営理念、沿革などの紹介があり、32歳で社長に就任された当時の苦労話や大切にしてきたことなどユーモアを交えて語っていただきました。この中で、経営理念である「心と心のふれあい」を基本にした「人の和」の精神を持つこと、そして大切にしてきたこと「忠恕」「勤勉」「正直」「感謝」
この精神に学ぶことがたくさんありました。忠恕とは、自分を思うのと同じように、相手を思いやることです。分かっていながら、なかなか実行に移すことができないことですね。
その他、文具販売の基本であることを農耕民族と狩猟民族に例えた「米・みそ作戦」。すなわち文具・事務用品(米)、印刷(みそ)の基本を忠実にこなすことが大切であることを解いていただいた。約1時間の講演でしたが、業界一のマンモス企業社長から多くのことを学び、大変勉強になりました。
講演会終了後は、近くの居酒屋で10名程度の参加者が藤縄社長を囲んでの懇親会を楽しみ、文具のこと、経営のこと・・・・盛り上がりました。
f0211218_13401442.jpg

藤縄社長との雑談の中で、ものづくりの町・尼崎の中小町工場と連携して、「尼崎ブランド文房具」を作りたいと提案したところ是非やりましょう、と言っていただきました。市民の声から生まれるメイド・イン・アマガサキの
「尼崎ブランド文房具」の実現に向けて、日興商会さんとともにがんばりたいものです。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-17 13:42 | Comments(0)

f0211218_133548.jpg

f0211218_13353012.jpg

居酒屋、寿司・割烹店、焼肉店、ステーキハウス、イタリアン料理店、そば・うどん店、喫茶店、BAR・・・・・
飲食店にとって大切なもののひとつに「メニュー」があります。
キングジムから発売されている『レザフェス』シリーズの中に、レザフェスメニューファイルがあります。
高級感&お求めやすい価格の合成皮革シリーズ。シックな皮の風合いが、インテリアと調和します。
丈夫な厚口素材のポケットでメニューをしっかりガード、ポケットの増減も簡単にできます。
【お客様の声】
「合皮の高級感だけでなく、中のポケットの品質にも満足しています。お店では、お客様が誤ってメニューファイルにお酒をこぼされることも多いので、その際に丈夫なポケットのお陰で中の紙が濡れにくく、重宝しています(某BAR経営者)
キングジム レザフェスメニューファイル 1972LF 1,470円(税込み)
色は、黒・茶・赤・白の4色 ケイ・エヌにて好評販売中!

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-16 13:36 | Comments(0)

f0211218_12555671.jpg

以前に紹介しました私の知り合いが営む、手作り和雑貨「和純」さん。着物地のリメイクバッグ、洋服、帽子、布小物等の手作り販売され、知り合いを中心にお客が増え近隣でも話題になっているそうです。昨年の4月オープンなので、めでたく1周年を迎えられました。先日、久しぶりに訪ねてみました。「結構いろんな人から注文を受けて、忙しいねん」と川村さん。思わずこちらが嬉しくなりました。この3月末で終わったNHK朝のドラマ「カーネーション」で洋裁に精を出す「糸ちゃん」と重ねて観ていました。「私は鳴尾の糸ちゃんやねん」と川村さん。
お店には、Smile 猫ちゃんが所狭しと並べられていました。Smile猫ちゃん、チビ猫ちゃん、ジーンズ地ビッグサイズ猫ちゃん、着物地の赤いベベ着た猫ちゃん、紺の着物地の猫ちゃん・・・とさまざまですが、このSmile猫ちゃんが今までに100個以上も売れたそうです。私も一匹買いましたが、なかなか気に入っています。この猫ちゃん作成には結構時間と手間がかかるそうです。今度は可愛い黒猫ちゃんを作ってほしい、依頼しました。「よっしゃー。まかしとき」。今、川村さん嬉しい悲鳴を上げていることと思います。「この前、フランス人に気に入ってもろうて、買ってくれてんで~」と川村さん、ついに世界進出ですね。コシノ姉妹を見習い、グローバルな展開を期待しています。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-10 12:58 | Comments(0)

ゴールデンウイークも終わり、5月新緑のシーズンとなりました。今月も仕事に、マラソンに、取材にと張り切っていきたいと思っています。
f0211218_13345754.jpg

5月度の文具情報「文具ソムリエの部屋」では、ナカバヤシから発売のA4フォト&ネガパーソナルレコーダー『フォトレコW』を紹介しています。皆さんの周りには、大切な写真やネガフィルム、昔懐かしい写真・書類、新聞記事、名刺など多数の残しておきたいものがたくさんあると思います。そのな紙データをパソコン不要でメモリーカードに簡単に保存できる優れものです。たまった昔の写真や書類を整理してみませんか?
f0211218_13402767.jpg
 
また、官浪のちょっとお邪魔します「お店紹介」では、南武庫之荘にある そばや『楽』さんを紹介しています。蕎麦屋さん?と思うほどお洒落な店構えで、ランチタイムの「まんぷくセット」は、まさに満腹、満足のランチです。夜は、そば、一品料理&お酒でくつろげる素晴らしいお店です。是非、一度足を運んで下さい。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-07 13:43 | Comments(0)

f0211218_1414882.jpg

武庫川スポーツクラブの主催で「第20回記念武庫川ユリカモメウルトラ70Kmマラソン」を昨日(3日)開催しました。前日は雨降りで当日の天気を心配していましたが、ほぼ曇り空で時々小雨という、ランナーにとっては絶好のマラソン日和の中での開催となりました。エントリー数882名で当日の参加者は780名でした。1往復10Kmのコースを制限時間8時間30分以内に7往復する、という過酷なレースですが、年々参加者が増え続け今年も過去最高の参加者で賑わいました。大阪マラソンや神戸マラソンで関西のマラソン熱も過熱してきましたが、フルマラソンよりも長い距離のウルトラマラソンを走りたい!というランナーも増え続けています。この大会は、100Kmウルトラマラソン完走の登竜門として参加するランナーも多く、気軽に参加できるウルトラマラソンとして定着してきました。
f0211218_14144499.jpg

午前8時30分に武庫川河川敷43号線の南をスタートし、長い一日が始まりました。例年よりもコンディションがよく、比較的涼しいので完走率が上がるかな、と思っていましたが、やはり走ると「暑い!」の声が聞かれ、20Km過ぎからはリタイアするランナーも増えました。私は大会本部のリタイア報告のテーブルにいましたが、リタイアするランナーに様々な思いがあることを感じました。疲労困憊でリタイアする人、完走したいけれど故障で涙をのむランナー、「50Km」が自分の目標です!と清々しいランナー、ウルトラマラソンをなめていました、と反省する人、リタイア記念の記念撮影をする人々・・・目標も思いも様々ですが、「70Kmに挑戦」という共通の目標を持って参加するランナーに大きな拍手を贈ります。「完走者」だけが「勝者」ではありません。この70Kmマラソンに参加して学ぶことがたくさんあると思います。今回完走できなかった方々は、是非来年またチャレンジして下さい。私たち武庫川スポーツクラブはチャレンジするあなたを応援します。

[PR]
by kannamijohhou | 2012-05-04 14:19 | Comments(0)