f0211218_10141780.jpg

25日(土)は、第36回六甲マリンパークマラソンを開催しました。天気予報では雨の予報だったので雨降りが心配でしたが、天気はどんどん良くなりスタート時にはカンカン照りの猛暑になりました。今回も関西地区の各地から46名のランナーに参加いただきました。福岡市からフルマラソン完走911回(日本一)の迫田さんも元気に参加、そしてこの度の大阪マラソンのゲストランナーに決まった深尾真美さん(1985年ユニバーシアード神戸大会金メダリスト)にも参加いただき、賑やかなマラソンになりました。
f0211218_10204649.jpg

f0211218_10143553.jpg

そんな中、専用ベビーカーを押してウォーキングやジョギングする「ベビラン」のメンバーの方々も一緒に参加していただきました。「ベビラン」という言葉も知らなかったけれど、ベビーがいるからできるダイエットの「ベビラン」として今注目を集め、メディアにも多数取り上げられているようです。このベビーカーは通常のベビーカーと異なり、ランニング専用に開発されて、ブレーキやサスペンションもついています。各地で練習会を行っているそうです。また一緒に走れることを楽しみにしています。さて、この日は、まだ6月というのに最高気温が33℃にも上がり、暑さでみんなフラフラになりながらのマラソンとなりましたが、何と7名がこの猛暑の中完走されました。この根性に拍手を贈ります。もちろん、迫田さん、深尾さんも完走で鉄人ぶりを発揮されました。次回の開催は9月24日(土)です。
[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-27 10:21 | Comments(0)

昨日テレビ東京放送の「カンブリア宮殿」を見た。知り合いの経営コンサルタントから「素晴らしい経営哲学を持ったカリスマ社長が出るから必ず見て」とメールがあり、放送が楽しみでした。今回のゲストは効率至上主義を捨て、時代の最先端をいく職人集団の東海バネ工業 社長の渡辺良樹氏でした。この世の中のあらゆる製品に不可欠なのが “バネ”という部品だ。私が扱う文房具にも多数のバネが使われている。このバネ業界には国内約3000社が参入し、価格競争が繰り広げられている。そんな中、この東海バネ工業さんはあえて大量生産はせずに価格競争に加わらず特注品のみを生産する職人集団である。他社がやりたがらないバネを多種微量生産する全て手作りの職人の技である。社長は語る「品質にこだわり続け、値下げは決してしない! 値引きは厳禁! 」。今、流通の世界では価格破壊が起こり、薄利多売を売りにさまざまな業界で値下げ競争が繰り広げられている。多くの製造企業はいかに合理化し受注競争に勝てるかにしのぎを削っている。東海バネ工業さんは、高い技術力と職人の技で世界でただ一つのオンリーワン・バネを作り上げ、町工場ながら68期連続の黒字を達成されている。製造業と販売業とでは異なるが、我々文具業界も価格競争で四苦八苦しています。何かオンリーワン製品の販売に力を入れたいものです。村上龍が編集後記で「精密で強靭なバネのような」と語った。渡辺社長に素晴らしい経営哲学を教えていただいた番組でした。
[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-24 13:50 | Comments(0)

f0211218_17382663.jpg

ニチバン㈱から発売され、昨年大ヒットしたテープの切り口がまっすぐ美しい「直線美」の新製品としてハンディタイプの「セロテープ ハンドカッター直線美」が新発売される。従来のテープカッターの切り口はギザギザになっていますが、直線美を使うと切り口が「真っ直ぐ」になるという優れもの。このハンドカッターは持ち運びができ、使わない時は引き出しの中に収容することもできる便利な『直線美』のテープカッターです。この商品は安全性にも気を使っていて、刃に触れてもケガをしにくくなっている点も嬉しいですね。
ギフト品のラッピング時などに効果を発揮すること間違いなし。価格630円(税込み) 色は白と黒の2色があります。
[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-22 17:40 | Comments(0)

バーベキュー大会開催

f0211218_20251740.jpg

昨日(19日) 尼崎あきんど倶楽部の会員家族交流事業として開催された「バーベキュー大会」に参加しました。会場は、昨年と同じ西宮甲子園浜公園。昨年は大雨の中、ずぶ濡れになりながらのバーベキューとなりましたが、今年は梅雨の中休みとなり、無事に雨に遭わずに楽しむことができました。午前9時30分に塚口をバスで出発し、10時過ぎ甲子園浜に着いて、みんなで仕込みと思いきや、交流委員会のメンバーが早朝からの設営で、既に準備完了し、ビール&ワインで宴会状態でした。感謝!感謝!開会後、肉・ウインナー・野菜等・・・焼いて食べるわ飲むわ大騒ぎとなりました。最後はオリジナル焼きそばを堪能し、午後2時過ぎに閉会となりました。その後、バスで極楽湯へ行き、汗を流したのちに、またまたビールで乾~杯。約8時間に亘り、飲みっぱなしの楽しい一日でした。お世話いただいた森さんをはじめ、交流委員会の方々にお礼申し上げます。
[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-20 20:27 | Comments(0)

悲しい友との別れ

昨日の朝早くに友達から悲しいお知らせが届いた。以前に勤めていた会社の後輩で、お互い退社後に同業の会社を経営していた友だった。数年前に脳腫瘍に侵され、大手術をし奇跡的に生命を取りとめ復活した時は、みんなで祝杯をあげたものでした。今年の春のある日の朝、彼から電話があり、「官浪さん、今から会社の方へ行きたいんやけど、居てますか?」とのことでした。「なんか用事か?」「いや、何にも用事は無いけど、もう官浪さんに会われへんかもしれないんで、会いたいと思って・・・・」 頭の病気が再発して、再検査入院するとのことでしたが、そんなに深刻には思わなかった。「またアホな冗談言うてからに」そんなことを話しながら、2時間程度事務所で他愛も無いことを話した後、帰っていきました。きっと彼には自分の死期が迫っていることが分かっていたのでしょう。それから数ヵ月後の昨日、52歳という若さで旅立って行った。昨日の通夜では、式場は悲しみに包まれていた。学生時代は少林寺拳法で活躍し、大柄で元気な大男でした。カラオケでは「岬めぐり」しか歌わず、ワイワイ騒ぐのが好きな大切な友でした。また一人大事な友を亡くし、悲しみの気持ちでいっぱいです。心よりのご冥福をお祈り申し上げます。どうか、安らかにお休み下さい。合掌
[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-16 19:24 | Comments(0)

f0211218_10383481.jpg

第20回大会をもって終了となった「安威川袖ふれあい駅伝大会」の謝恩打上げ会が、6月11日(土)に高槻市にて開催されました。この謝恩打上げ会に、長年スタッフで活躍した大阪ミントJCメンバー3名と武庫川SCメンバー3名と児玉さんの7名が招待されました。
f0211218_10362917.jpg


謝恩会は高槻市の上牧駅前に位置する『二十四節記』にあるレストラン リストランテ&カフェ「Co・N・Te(コンテ)」にて行われました。この二十四節記は、レストラン「Co・N・Te」、石窯パン工房「ラ・スレーニャ」、世界中から集めた建材を扱う「けんちくざっかraro(ラロ)」、カリスマ花屋さん「Hanako」などのお店が並ぶヨーロッパの田舎をイメージした「生活提案モール」だそうです。この敷地に一歩足を踏み入れるとヨーロッパに来たような感じがする素敵な空間です。レストランの「Co・N・Te」はイタリアで修行を積んだシェフが腕をふるう、四季折々の旬の素材を活かしたイタリアンを味わうことができました。また、薪を使って石窯(写真下)で焼き上げる味わい深いパンも頂くことができ、大満足でした。
f0211218_1037274.jpg


謝恩会では、主宰者の山田浩平・セツ夫妻の挨拶に続き、駅伝を支え続けたスタッフの方々の思い出話、苦労話などなどで大盛り上がり、最後はセツさんの三本締めで閉会となりました。今回で駅伝大会は終焉を迎えましたが、また違う形で山田夫妻の意思を引き継ぎ、是非復活させたいと思っています。山田浩平・セツ夫妻、そして長年駅伝開催に尽力いただいた方々にお礼を申し上げます。ご苦労さまでした。そしてまた会いましょう!
f0211218_1039865.jpg


[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-13 10:41 | Comments(0)

合同練習会開催

f0211218_1324011.jpg

4日(土) 私が事務局長を務めるLMC関西主催で、「第3回合同練習会」を開催しました。この練習会は、LMC関西の運営に協力する4走友会(吹田ヘルス、豊中グリーンクラブ、芦屋浜アスリートクラブ、武庫川スポーツクラブ)とスポーツ&ボランティア☆大阪が合同で各地持ち回り式の練習会です。第3回目の今回は、我が武庫川スポーツクラブの担当ということで、武庫川河川敷尼崎コースにて開催しました。今年は梅雨入りが早かったので、雨が心配されましたが、当日は爽やかな晴れの一日となり、参加者78名で充実した練習会となりました。練習会後は恒例のランナー交流会を行い、各走友会の交流を図りました。次回は、9月に芦屋浜コースで開催の予定です。
f0211218_1331083.jpg


練習会の片付け終了後、仲間と3人で武庫之荘にある「お好み焼き 十万」へ行きました。喉がカラカラ乾いていたので、生ビールで乾~杯しましたが、ここの店には生ビール(中) 生ビール(大) そして何と生ビール(メガ)の3種類あります。近年生ビールは「中」が定着し、なかなか「大」がある店も少なくなりました。その中で、「メガ」(写真右)は約1㍑で900円。昔よく行ったビヤガーデンのビールはこのサイズだったような気がします。このメガビールで大満足。ただ、量が多いのでギンギンに冷えていても、飲み干すまでに温もるのが難点かな?夏の風物詩 よだれが出そうな生ビール!
f0211218_1351587.jpg

[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-09 13:06 | Comments(0)

f0211218_1316134.jpg

5日(日) 武庫川SC主催の「加西マラニック」に参加しました。参加者は34名で、宝塚をマイクロバスで出発し加西市の北条町駅まで行き、そこからマラニック&サイクリングの開始。恒例ともなった運命の「赤い糸」でペアを決め、RUNとBIKEを交互に繰り返すものです。北条をスタートし五百羅漢、小谷石仏、乳の井戸を巡り、河上神社入口から全員で徒歩でゆるぎ岩を見学しました。このゆるぎ岩は、善人が押せば動き、悪人が押してもびくりともしないという伝えがありますが、全員無事に動きました。そこから林道を走り峠越えをした後、磯崎神社で昼食。その後、若井川から万願寺川に沿ってのサイクリングロードを軽やかに駆け、午後3時に北条線の法華口駅に到着。我々5名はここから北条鉄道に乗ることにしました。
f0211218_13131535.jpg

f0211218_13151820.jpg

北条町駅までの32Kmを北条鉄道は、粟生駅~北条町駅を結ぶ全長13.6Kmのローカル鉄道です。かつての賑わいの面影を残しながら佇む、木造の無人駅舎は大変魅力的でした。窓から見る田園風景は、ゆっくりとした時間が流れるようで、北条町までの楽しい15分間の旅となりました。マラニック終了後は、近くの根日女温泉に入り、疲れた身体を癒しました。
[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-07 13:17 | Comments(0)

6月度「官浪の尼崎ぶらり日記」は、氷点下のスペシャリスト『関西アイス興業』さんを訪問しました。
f0211218_1372437.jpg

関西アイス興業の2代目社長の黒澤信也さんと、尼崎あきんど倶楽部にて知り合いになりました。私はマラソン大会を主催していますが、そのマラソン大会で欠かすことが出来ないのが氷です。春から夏にかけての大会では大量に使用しています。その純氷でお世話になっているのが、黒澤さん経営の関西アイス興業さんです。
f0211218_13124739.jpg


2代目社長 黒澤信也さんに話をお聞きしました。
関西アイス興業さんは、昭和42年に先代社長が創業されました。
氷と練炭の販売で商いを始められたそうです。当時は純氷の販売が主流でしたが、各企業が製氷機を持つようになってからは、純氷の販売量は下降していったそうです。現在の販売主力は、ドライアイス、純氷、アイスシート、保冷資材一式とのことです。
f0211218_1315827.jpg


その中でも、アイスシート(写真上)は先代社長が考案され、昭和60年度の発明奨励賞を受賞されました。この商品は私達にはあまり縁がありませんが、製氷業や冷凍食品会社、洋菓子メーカー、鮮魚、海産物等の輸送・出荷梱包・販売などには欠かせない商品です。断熱8重構造で、保冷・保温・防塵効果は抜群です。実用新案・意匠登録製品のこのアイスシートが黒澤さんの主力販売です。ドライアイスは-79℃の製品で、葬儀会社・薬品会社・アイスクリームメーカーなどに販売されています。「氷のことなら何でもお任せ下さい!」と熱く語る“氷点下のスペシャリスト”黒澤信也さんから貴重な『氷点下の世界』を学びました。

会社概要】
社名:関西アイス興業株式会社
代表者:代表取締役 黒澤信也
住所:尼崎市金楽寺町
2丁目11-15
TEL:06-6482-2000
FAX:06-6482-2005

[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-03 13:26 | Comments(0)

6月スタート

今年は例年よりも早く梅雨入りし、雨降りの6月スタートとなりました。6月になったとはいえ、肌寒いですね。
f0211218_9404798.jpg

さて、今月の「文具ソムリエの部屋」では、LIHITO.LABから発売されている、抜き差しが自由自在のリングノート「ツイストリングノート」を紹介しています。文具王の高畑正幸氏が、学生さんはもちろんビジネスシーンにも向く、ほぼ最強のノート、と絶賛しています。このノートは、リングノートなのに綴じ具が開き、抜き差し自在。また、スリムなとじ具でリーフが360度回転し、平らに使用することができます。ノートというよりは、薄型ファイルにリーフをとじた、という感覚です。発売開始から1年間で30万冊を越える販売実績というから、まさに最強のノートと言えます。

f0211218_9415186.jpg

そして、「今月のお店紹介」~官浪のちょっとお邪魔します~では、塚口にある旬魚旬菜『TOKI亭』さんを紹介しいます。創業22年になるそうです。私が以前勤めていたお店の隣という縁があり、創業時からお付き合いさせていただいています。元来寿司職人だった店主が腕を振るう「旬魚旬菜」料理は格別です。おまかせの「こだわり3,800円コース」がおススメですよ。ランチもありますので、一度是非味わってみて下さい。
[PR]
by kannamijohhou | 2011-06-01 09:43 | Comments(0)