f0211218_175413.jpg

今話題になっている「シュウカツ」。企業は長引く不況で、学生の就職活動も大変です。その「就活」ともう一つの“しゅうかつ”いわゆる「終活」が話題になっています。人生の終わりを考え活動すること、なのですが、最近は30~40歳代の若年層の関心が高く、終活コーナーを設けている書店も多く見られます。昨年の10月に文具ソムリエの部屋で紹介しましたが、コクヨS&Tから発売されている『もしもの時に役立つノート』が大変よく売れています。入院した時や相続、財布等を紛失した時などのさまざまな「もしも」の時にきっと役立ちます。あなたの大切な情報を、是非この機会にこの1冊にまとめてみませんか?そこで、官浪の情報あれこれの読者にエンディングノート『もしもの時に役立つノート』(定価1,470円)を先着1名様にプレゼントします。ご希望の方は、下記のメールにお申込み下さい。なお、希望者多数の場合は、先着とさせていただきますので、ご了承下さい。kan0024kn@bca.bai.ne.jpまで。
[PR]
by kannamijohhou | 2011-01-27 18:01 | Comments(0)

f0211218_17501483.jpg

昨日の読売新聞に、第1回大阪マラソン開催の要項およびコース図等が掲載されました。開催日は10月30日(日)で、参加募集人数はフルマラソンに28,000名、チャレンジラン(8.8Km)に2000名の合計30,000人という大会で、日本では東京マラソンに次ぐ大規模な市民参加の都市型マラソンとなります。フルマラソンのコースは大阪城公園をスタートし、国立文楽劇場、中の島の中央公会堂、御堂筋、京セラドーム、通天閣、南港大橋、WTCなどの大阪の名所を巡り、インテックス大阪がゴールとなるコースが設定されています。来月の15日から受付を開始し、4月中旬には参加者が決まりそうですが、受付開始時間から数分で定員オーバーが予想され、抽選に当選することがまずは第一関門となりそうです。この大阪マラソンをはじめ、11月20日には神戸マラソン、そして来年の3月には京都マラソンが相次いで開催され、関西のマラソン熱もますますヒートアップしそうです。
 なお、今度の日曜日(30日)は、第30回記念大阪国際女子マラソンが長居陸上競技場をスタートゴールとして開催されます。“浪速の街を駆け抜ける女の戦い”今年からコースも変更され好記録が期待されます。私は、去年に引き続き、沿道自主警備でボランティア参加します。ちなみに私のこの春のマラソン出場予定は、2月にそうじゃ吉備路マラソン(岡山県)、3月に篠山ABCマラソン(兵庫県)、鳥取マラソン(鳥取県)、4月に津山・加茂郷マラソン(岡山県)等に参加の予定です。

[PR]
by kannamijohhou | 2011-01-26 17:51 | Comments(0)

先週の土曜日に、尼崎八景煎餅で有名な「恵比須堂さん」にぶらりと訪問してきました。
f0211218_134241.jpg
恵比須堂の店主である伊達和範さん(写真左)とは尼崎あきんど倶楽部の仲間です。阪神尼崎の南で、寺町近くの静か場所にあり、昭和の匂いのするお店でした。昭和7年、大阪で粟・岩おこしの製造・卸で創業され78年の老舗です。恵比須堂さんの名物は、「尼崎八景煎餅」でその名のとおり近松寺、寺町、田能遺跡など尼崎の名所が描かれた煎餅です。昔懐かしいほんのりとした下町の甘さを感じる瓦せんべいです。メイドイン尼崎ショップでも購入できます。この瓦煎餅にいろいろな焼印を押し、オリジナルのせんべいを作ってもらうことができます。店内の壁には、各種団体、学校、寺社、歌手などの焼印がところ狭しと並べられています。皆さんも世界に唯ひとつの「オリジナルデザインせんべい」を作ってみませんか?と伊達さん。煎餅の焼き方、焼印の仕方等見させていただき、とてもいい勉強になりました。

f0211218_1351565.jpg

せんべいのご用命は恵比須堂 
尼崎市東桜木町116 TEL.06-6411-2594 FAX.06-6411-0454までお問合せ下さい。

[PR]
by kannamijohhou | 2011-01-21 13:09 | Comments(0)

2011年スタート

新年あけましておめでとうございます。昨年はたくさんの方々との出会いを通じて、交流の輪を広げることができました。今年は、少しでも多くの方々に文房具の情報や面白さをお伝えできれば、と思っています。依然としてこの世の中は、不況から脱出できない状況ですが、今年はうさぎのように、一歩飛躍の年にしたいものです。価格破壊が続く文具業界ですが、ただ安いものをより安く販売するのではなく、優れた物をどのように使えばより効率よく、また楽しく仕事をすることができるか、などのノウハウも伝えていこうと思います。
f0211218_18224599.jpg

写真は、新年の挨拶用として岸本吉二商店さんに作成してもらった「オリジナルミニ菰樽」です。岸本吉二商店さんは、職人の技でお祝いの席を盛り上げる尼崎伝統の菰樽を製造・販売する日本有数のメーカーです。ミニ菰樽は、2006年のビジット・ジャパン・キャンペーン「魅力ある日本のおみやげコンテスト2006」食品部門金賞、特別賞としてフランス賞・シンガポール賞を受賞されました。日本古来の伝統を守り抜きながら、新たな菰樽の魅力を伝えることの素晴らしさに感激しています。文具の世界でも本来の機能性を保ちながら、新たな文具の魅力を生み出す商品を開発することができれば、と思っています。
[PR]
by kannamijohhou | 2011-01-06 18:30 | Comments(0)