官浪の「文房具雑学」~のり編~

思えば歴史を感じる!
 5つの『のり』をご紹介
!!

昔、人はモノとモノをくっつけるのに「ニカワ」を使っていました。
「ニカワ」とは動物の皮や骨をお湯で煮てできる、粘り気のある液体を乾燥させたものです。それを水やお湯で溶かしてのりの代わりに使っていたようです。その後日本ではご飯つぶをへらで練ったものを使用するようになりました。小さい頃、ちょっと紙をくっつけるのにご飯つぶで付けていた経験がある方も多いと思います。江戸時代にはのりが普及しましたが、米から作ったのりは、すぐ腐って保存できない難点がありました。
その後、ドイツののりをヒントに研究を重ね、防腐剤、香料を使った腐らないでんぷん糊「不易糊」が1896年に、「ヤマト糊」が1899年に誕生しました。
f0211218_17283178.jpg

現行のチューブ入りのヤマト糊は1956年に発売。フエキ糊からは黄色い顔に赤い帽子のキャラクタープラ容器でお馴染みの「どうぶつのり」も1975年に発売され、35年経った現在も再ブレイクしています。昭和30年代はじめに、石油からできる成分を使用した「合成のり」が誕生。
f0211218_1729174.jpg

ロングセラーの「アラビックヤマト」は塗り口に特殊スポンジキャップを使用し、手を汚さずに貼れることでヒット商品となりました。発売から30年経った今もその人気は変わることなく、液状のりのシェアNo.1をキープしています。
f0211218_17295632.jpg

1970年代には手に付きにくく、紙にしわができにくい固形のり「ピットのり」をトンボ鉛筆から発売、現在コクヨの「プリットのり」とともに一般向けの糊として普及しています。
一方1980年中頃ドイツのペリカン社が「テープのり」を開発し、日本では1997年にトンボ鉛筆から「ピットテープのり」を発売。テープ状になった両面テープが修正テープのように転写されるテープのりは、手軽で使い易いと好評だったが、糊のキレが悪く粘着剤が糸引きするなどの問題もありました。
f0211218_17305538.jpg

そこでコクヨは、粘着のりが面ではなく点で作られた「ドットライナー」を開発し、ヒット文房具となっています。欧米ではテープのりが主流になっているそうです。工作作業や事務作業には欠かせない文房具のひとつである“のり”。これから先どんな糊が誕生するのでしょうか?      
  (取材協力 トンボ鉛筆、ヤマト㈱)
[PR]
by kannamijohhou | 2013-03-18 17:36 | Comments(0)